朝起きると突然、血が真っ青になった25歳女性!「青い肌の一族・ファゲイト」と同じ症状か… ヤバすぎる原因は!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 25歳の女性が救急室に運ばれてきた時、すでに彼女は弱っており、めまいと息切れの症状があった。しかし医師は、それらよりもはるかに心配な症状に注目した──。

■「メトヘモグロビン血症」とは

「彼女は青く見えたのです」と、昨年、米ロードアイランド州で女性を治療した救急医であるオーティス・ウォーレン氏は、「ワシントンポスト」紙に語った。

 医学雑誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」に発表された報告書によると、この女性の皮膚と爪は青みがかった色を帯びていた。それは、身体が十分な酸素を摂取していない兆候であり、彼女は血液の色も異常に暗くなっていた。

 女性は息切れを感じ、それで目が覚めたと医師に語った。その後、彼女は鏡に映った自分の姿を見て、非常に心配になり病院に駆けつけた。そして、女性は自ら「私は青くなっている」と医療スタッフに訴えた。彼女の血液サンプルも写真のようにはっきりと変色していた。

 しかし幸いなことに、医師は何がそれを起こしているかを知っていた。医師としての経験を通じてウォーレン医師は、この病気にかかった患者を他に1人だけ診たことがあったのだ。

【奇病】朝起きると突然、血が真っ青になった25歳女性が報告される! 「青い肌の一族」と同じ症状か… ヤバすぎる原因は!?の画像1
緊急搬送時の女性の肌、爪、血液の状態 「Science Alert」の記事より

 それらの症状は、「後天性メトヘモグロビン血症」と呼ばれる、稀だが致命症になる可能性のある病気を指していた。ウォーレン医師は「その病気は、特定の化学物質または薬にさらされることによって、人間のヘモグロビン分子の形状が変化し、血液が周囲の組織への酸素の放出を停止することによって起きる」と説明した。

 その結果、身体の組織が青みがかり、血液は明るい鮮やかな赤い色から、チョコレート色に変化してしまうのだという。

 医師は、この例では、女性は歯痛に対して使用した局所鎮痛薬への反応によって引き起こされたと述べている。患者の使用した鎮痛薬には、多くの市販薬の有効成分であるベンゾカインが含まれていた。米国食品医薬品局(FDA)によれば、1971年以来、ベンゾカイン関連で起きたメトヘモグロビン血症の症例が400件以上報告されているという。

 診断が下された後、患者にはすぐに解毒剤メチレンブルーが投与された。メチレンブルーは、変化したヘモグロビンを通常の形に戻して、血液の酸素供給能力を回復させる働きをする。

コメント

1:匿名 2019年10月13日 10:22 | 返信

こわ

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。