山梨小1女児行方不明、捜索打ち切り…「時間が経って発見されることも」林業関係者の見解は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント14
関連キーワード:

,

 

 9月21日、山梨県道志村のキャンプ場で、 千葉県成田市に住む7歳の少女が行方不明になるという事案が発生 、発生からおよそ2週間が経過した10月6日、警察や自衛隊、 さらには地元消防団、 ボランティアなどが懸命に捜索を続けてはいるものの、未だ、 その足取りはつかめず、 ついに山梨県警は捜索の打ち切りを発表した。 しかしそうしたなか、他の地域で暮らす林業関係者からは、 同件について、なんとも気になる声が聞こえてきた。

「このあたりでもそうだけど、割と、 子供がいきなり姿を消すことっていうのは、 昔からよくあったものでね。そういう場合は、 まずなかなか見つからないものなんですよ」

 山林で少年少女が行方不明となる事例について、 自身の経験を踏まえつつそう語るのは、 東海地方のとある地域で長年林業を営んでいる80代男性、 Kさんだ。Kさんによると、こうしたケースの大半は、 子供ゆえの行動や特徴によって、 なかなか見つからない状況に陥りがちなのだという。

「あそこ(道志村)についてはよくわからないけれども、このあたりで何度があったものだと、 うっかり足を滑らして川に落ちてね、そのまま流されて、 大きな岩の下だとかに引っかかってしまうことが多かったよ。 子供は大人と違って、 魚なんかが泳いでいるのに気付くと、川を覗き込むでしょ。 場合によっては、元いた場所に戻ろうとして、 川を渡ろうとすることだってある。けど、そういうときに、 足を滑らしてしまうというわけ。なにせ、川っぺりというのはね、 苔が生えていたり、岩が濡れていたりして、意外と滑りやすくなってるものだから」

 純粋な好奇心からなのか、川辺に近づいて、 その水面を覗き込んだりといった行動をとる際に、 うっかり足を滑らせてしまうことも少なくないという子供たち。 しかしそうした状況に陥ってしまった子供たちは、 気づくと川の流れのなかにあり、 そのまま流れに抗うことさえかなわずに、 下流へと押し流されてしまうのだという。 しかもそうした形で溺死してしまう子供たちは、 子供ならではの小さい体が仇となる形で、 岩陰などに潜り込んでしまい、 遺体の発見もままならないのだという。

人気連載
「あなたが恋愛で苦労する理由」がわかる毒りんご占い!当たる占い師Love Me Doの恋愛診断!

「あなたが恋愛で苦労する理由」がわかる毒りんご占い!当たる占い師Love Me Doの恋愛診断!

■あなたが恋愛で苦労するのはなぜなのか 「あなたがイメー...

人気連載
「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」本当にあった愛人の怖い話! 父の美しい愛人、狂いゆく母…怪談『水の女』!

「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」本当にあった愛人の怖い話! 父の美しい愛人、狂いゆく母…怪談『水の女』!

作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛...

関連キーワード

コメント

14:匿名 2019年10月15日 19:55 | 返信

臓器売買組織に誘拐されたんじゃないかな?

まさかとは思うが、もし母親がSNS上にキャンプに行く情報を数日前に投稿していた事実がある場合は、その閲覧者の中に解明の緒が在るかもしれない…

だが、そこまで用意周到な犯罪者であればNシステムの設置されてないルートを選びそうだ

13:匿名 2019年10月10日 02:55 | 返信

もしくは、半島に連れて行かれたのでは

12:匿名 2019年10月9日 14:07 | 返信

親の不注意。SNSとかは即刻やめるべき。

11:匿名 2019年10月9日 00:53 | 返信

断っておきますが、以下は山梨の女児行方不明の件とは、まったく無関係なゲスの勘繰り的な妄想です。くれぐれも山梨の件とは混同しないようにお願いします。前に浮かんだこの妄想と似たような事件だったので、ここに記したにすぎません。

国内の某オートキャンプ場にて…… 母親「おとうさんが迎えに来ているから。その道左にまがってすぐ」 女児「わかった」と、言われた道を一人で走って父親のもとへ。 3分後、キャンプ場、広場からは死角の駐車場に止まっていた父親の車(あるいはレンタカー、父親の知人が所有する車)に乗せられる。 父親は、社の人間に覚られないようこっそりと仕事を抜けて立ち寄っていた。 その後、すぐに車でキャンプ場からそう遠くない水場へ。 父親、再びしれっと仕事に戻ったあと、夜、仕事を切り上げてきたとのていでキャンプ場へ戻り、女児の捜索活動に参加。 両親は時期をみて女児の特別失踪(戦争、災害、遭難等に起因する危難失踪)による失踪宣告をして、1年後、女児の保険金を受け取る算段を立てていた。 二人は親戚、友人等から多額の借金をして、精神的にかなり追いつめられていたため。 しかし実際には失踪からおよそ2か月後、父親の当日の足取りについて詳細な裏を取っていた警察は、それをもとに次に状況的に自白させるしかない母親を根気よく落として事件を解決。女児は父親の証言どおり、某水場の底で発見される。警察は捜査の段階で、自供自白に頼るしかない母親をどう攻略するか検討を重ね、その外堀を埋めるのに時間を要した。

10:匿名 2019年10月8日 23:45 | 返信

>> 5

昔、瞑想もしくは楽器を演奏(?)すればなんでも時空を越えて見えちゃう先生がいて、なんでも言い当てちゃうので時に“犯人しか知り得ない情報”まで言っちゃって刑事に、お前はなんでそんなことを知っているのだ?お前が犯人だからじゃないのか?と疑われまくったり、またあるときは他国の軍の研究所へ拐われたりと波乱万丈な半生を送られた先生がいて、もうあんな酷い思いをするなら二度と他人の前で超能力は披露しないと完全封印された先生がいるとかいないとか、その先生は今は後進の指導に当たり静かな余生を送っておられるとか

9:匿名 2019年10月8日 22:17 | 返信

本当に見つからないのなんでだろ
死体もないの不思議

8:匿名 2019年10月8日 11:57 | 返信

もう完全に見つからないだろって時になってから、FBI超能力捜査官の特番やったりしますね。
番組で言ったところと別のところから出てきたら困るから。

>5:匿名
こういうときに、自称霊能力者や超能力者がまるであてにならない件

7:匿名 2019年10月8日 11:23 | 返信

いや、これマジでアブダクションだろ。何年か後に、南米あたりで見つかりそうだ。

6:匿名 2019年10月8日 10:27 | 返信

トカナなら、グレイのアブダクションで今ごろキャトル・ミューティレーションだろう、とでも言えよ!

5:匿名 2019年10月8日 10:25 | 返信

こういうときに、自称霊能力者や超能力者がまるであてにならない件

4:匿名 2019年10月8日 08:33 | 返信

死体すら、いや女性だから“遺体”か。
遺体すら見つからないのだから、きっと拐われ、、、

3:匿名 2019年10月8日 06:40 | 返信

最初から事件性も考慮した捜査をしなかった警察には呆れる

2:匿名 2019年10月8日 00:23 | 返信

俺最初から見えたんだよな!
いくら探しても見つからないよ。だってこれ神隠しだもん

1:匿名 2019年10月7日 20:03 | 返信

これくらいの話は捜索者の人たちも分かってるだろ

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。