【未解決事件】歴史上最も忌まわしい事件のひとつ「タマム・シュッド事件」とは!? 謎の遺体、スパイ、文字…まるで小説!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 1948年にオーストラリアのアデレードで起きた「タマム・シュッド事件」(サマートン・マン事件と呼ばれることもある)は、歴史上の未解決事件の中で最も興味深い事件の1つである。

 

■未解決事件「タマム・シュッド事件」とは

 遺体のズボンの隠しポケットから、ペルシャ語で「終わった」「済んだ」という意味の「タマム・シュッド」と書かれた紙片が発見され、このことから、同事件は「タマム・シュッド事件」と呼ばれている。

遺体写真と本に書かれていた「暗号」 「UFO Insight」の記事より


 1948年12月1日午前6時30分頃、オーストラリア南オーストラリア州アデレード近くのサマートンビーチの海岸で、スーツとネクタイ姿の身元不明の男性の遺体が発見された。

 数人の目撃者は、その男が11月30日の夕方から、砂浜に同じ姿勢で横たわっているのを見ていた。

死体が発見されたアデレードの海岸 画像は「Wikipedia」より


 病理学者のジョン・バートン・クリーランドが、この遺体を調べるために呼ばれた。クリーランドは遺体の男を、この地域の一般的な人々よりも「英国的」な外見を持った、健康状態の非常に良い40歳から45歳の男性であると判断した。

 さらに手と爪の状態からみて、肉体労働に従事する人間でないことにも気づいた。興味深いことに、彼の足の形はダンサーや、先のとがった靴、ブーツを日常的に履いている人に、しばしば見られる形であった。

 体内には「異物」(毒)はなかったが、胃に血液が見つかり、その胃、腎臓、咽頭、および食道に著しいうっ血が見られた。そして、剖検(病理解剖)の結果、「決定的ではない」としながら、最終的にこう述べられた。「死は自然なものではなかったと確信される。提案する毒は、バルビツール酸塩または可溶性睡眠薬である」と。

 さらに奇妙なことに遺体の衣類のラベルは全て切り取られ、コートやスーツは古着の可能性があった(当時は戦時中であったため、古着の購入や衣類に名札を取り付けることはよく行われていたという)。また当時の男性のほとんどは、必ず帽子をかぶって外出したが、遺体の周囲には帽子がなかった。

コメント

1:桑田成海 2019年9月22日 18:00 | 返信

市木由み華大先生や毒島あぐり先生から見たらこのような事件は些細な出来事にすぎないだろう。
ネットアイドルのなるみんこと桑田成海ですら驚かない。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。