未解決バイオテロ事件「有毒バス98」が怖すぎる! 世界中で勃発する原因不明の集団嘔吐事件4選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
未解決バイオテロ事件「有毒バス98」が怖すぎる! 世界中で勃発する原因不明の集団嘔吐事件4選の画像1
画像は「Mysterious Universe」より引用

 現代はテロリズムの時代だ。そのことはISISの登場によってますます明確化されたが、世界中で首謀者不明の奇妙なバイオテロが巻き起こっていることをご存知だろうか?

 ミステリーサイト「Mysterious Universe」(8月21日付)が、これまでに起きた幽霊的テロ事件を紹介している。

 

▪️有毒バス98

未解決バイオテロ事件「有毒バス98」が怖すぎる! 世界中で勃発する原因不明の集団嘔吐事件4選の画像2
画像は「Mysterious Universe」より引用

 2004年、カナダ・バンクーバーで謎のテロ事件が発生した。ターゲットになったのは、市営バス98番だ。その日は途中までいつも通りの巡回が順調に行われていた。しかし、一人の乗客の男がバスドライバーに奇妙な言葉をかけてから、事態は一変した。

 その男はバスドライバーに「調子はどうだ?」と尋ねたのだが、バスドライバーが「悪くないよ」と答えると、男は「長くは続くかない」と奇妙な予言を残したのである。

 すると、いくつかのバス停に止まった後、バスドライバーは急な吐き気に襲われ、コントロール不可能な嘔吐を繰り返したのだ。同時に他の乗客も急な嘔吐を催し始める異常事態に発展。すぐに救急隊員が呼ばれたが、彼らも吐き気を催し、事態は深刻化していった。

 バイオテロの可能性が考慮され、現場には規制線が張られた。しかし、化学部隊がバスをいくら調べても有毒物質は発見されなかったのだ。唯一見つかったのは、シートの下のどんぐりだった。

 それでも警察は何らかの原因があるはずだと考えたが、病院に担ぎ込まれた乗客らの体内からも何も発見されず、この事件はほどなくしてクローズされた。

 乗客らの集団ヒステリーだったのだろうか? だが、男が残した言葉はこれから起こる事態を予見していたかのようだ。現在も事件は謎に包まれている。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。