「牛乳のひみつ」炎上のアニマルライツセンターのヤバい真実とは!? 肉フェス炎上も…過激エコテロリスト列伝!

――愛する肉を守るため立ち上がる「やや日刊カルト新聞社」藤倉善郎が寄稿! 過激派ヴィーガンのやばい話を暴露シリーズ「凶暴な草食・反肉食人間列伝」その2

(藤倉善郎の記事まとめはこちら)

「牛乳のひみつ」炎上のアニマルライツセンターのヤバい真実とは!? 肉フェス炎上も…過激エコテロリスト列伝!の画像1
イラスト=村田らむ


■ヴィーガンの皮を被った動物愛護誤日本版

 日本ではここまで過激な運動は目立っていないが、何かと物議をかもしてきたのが、先日Twitterにアップされたマンガ「牛乳のひみつ」で炎上したアニマルライツセンター(ARC)だ。

 

「牛乳のひみつ」炎上のアニマルライツセンターのヤバい真実とは!? 肉フェス炎上も…過激エコテロリスト列伝!の画像2
アニマルライツセンターツイッターより引用


 ARCは、前代表・川口進が2003年に、順天堂大学に侵入し実験用の犬を盗み出した容疑(事件自体は2002年)で起訴されている。例年、カエルを串刺しにする諏訪大社の神事に現地で動物愛護者たちが抗議や事実上の妨害を繰り返しているが、これを煽った団体の一つでもある。愛媛県西予市での「豚ロデオ」に抗議して中止にさせたりもしている。

 海外のケースと違って、過激なエコテロリストというよりは「クレーマー」といったほうが適切かもしれないが、2002年の順天堂大学事件だけは別だ。この事件は、動物実験に抗議するイギリス発祥のエコテロリスト団体「SHAC」イギリス人活動家が順天堂大学に侵入し、実験用の犬を盗み出したというもの。イギリス人活動家と、これに協力した川口と日本人女性の計3人が、窃盗や建造物侵入の罪で逮捕された。イギリス人活動家は懲役3年、日本人女性は懲役1年。川口は裁判途中で死去したため判決は出なかったという。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ