オリンピック後の都市を表現した現代美術展「TOKYO 2021」は必見!! 圧倒的なスケールとインパクトで“切実な未来”を描く!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

 東京のど真ん中、京橋にあるTODA BUILDING黒瀬陽平キュレーションによる現代美術展「un/real engine ―― 慰霊のエンジニアリング」(2019年10月20日まで)が開催中である。

藤元明《2021 #TOKYO 2021》2019

 黒瀬陽平は、ゲンロン新芸術校の主任講師を務め、辛口の美術批評家として知られるが、自らもキュレーターとしてアーティストグループ「カオス*ラウンジ」を率い、日本の現代美術の新しいあり方を模索し続けてきた。その具体的な成果が、福島県内で震災と復興をテーマに過去3年間開催された「カオス*ラウンジ新芸術祭」であった。そして、その続編と言えるものが今回は東京の中心部、近く取り壊しを予定しているTODA BUILDINGで行われた。

 当初、「TOKYO 2021」と題されたアートイベントが2019年に行われることに違和感を感じたが、2021年とは、東京オリンピック後の未来に向けたものならば合点がいく。それは世間的な祝祭ムードに距離をおき、現代美術という立場から一石を投じようというものだ。

 黒瀬の解説によれば、「本展は、来るべき2つの『祝祭』(2020年の東京オリンピックと2025年の大阪万博)に向けて企画された現代美術展」だが、「2020年と2025年の前には、2011年の東日本大震災がある」ことから、「この国の祝祭はいつも、災害に先行されている」として、「反復される災害と祝祭のなかで、新たな想像力や表現を生み出す芸術の営みを、『慰霊のエンジニアリング』と名付け、その系譜をたどってゆく」という。

 つまり、来るべき「祝祭」の翌年に着目することで、災害と祝祭の反復の外に出ること、そのための術を模索すること、そのことこそ「芸術の『使命』であるはずだ」というのだ。

 「TOKYO2021 美術展」は、同ビル内の2つの展示Site A「災害の国」Site B「祝祭の国」からなる。ともに入場無料だが、Site B「祝祭の国」のみセキュリティ上の都合から公式Webサイト(https://www.tokyo2021.jp)からの事前登録が必要になる。 

 平日ともなれば会社員の往来も激しいTODA BUILDING前には、現在、藤元明の巨大な立体作品《2021 #TOKYO 2021》が設置されている。まず、Site A「災害の国」から見ていこう。

コメント

2:匿名 2019年10月21日 13:55 | 返信

実際そのようなアンチ層が無料宣伝装置として利用されたのは否めない

1:匿名 2019年10月19日 18:03 | 返信

そう考えると慰安婦像はバカウヨ猿が群がって愛知トリエンテ何とか芸術祭は超有名になったな。炎上商法だな。海外ニュースにまでなって慰安婦像をスペインだかイタリアの人間が買ったみたいだし。世界中に過去の日本の恥を広めるバカウヨ猿。バカさ加減サイコーだな。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。