人類の未来を予測する「シングルトン仮説」を有名哲学者が提唱! 世界政府、AI、独裁…決定付けられた世界の行く末に唖然

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
人類の未来を予測する「シングルトン仮説」を有名哲学者が提唱! 世界政府、AI、独裁...決定付けられた世界の行く末に唖然の画像1
画像は「Big Think」より

 人類の未来を予測する「シングルトン仮説」なるものを有名哲学者が提唱している。知的情報サイト「Big Think」(10月23日付)を参考に、ご紹介しよう。

 シングルトンとは日本語で単集合と訳されることもある数学用語である。英オックスフォードで教鞭を執る、スウェーデン出身の哲学者ニック・ボストロム教授が提唱する「シングルトン仮説」の概略はおよそ次のようなものだ。

 地球上の知的生命体は歴史のある時点で“シングルトン”を形成するという。これは、世界政府、超知的な機械(AI)、独裁といった様々な可能性があるが、いずれにしろ、何らかの形を取って、シングルトンは形成される。

 ボストロム氏は、人間は小さな狩猟集団から、都市を形成し、国家を作り出し、今では多国籍企業や国連まであると指摘し、これが単一のシングルトンを形成する方向に向かうと主張している。特に技術の進歩、たとえば、監視技術、コミュニケーション技術、マインドコントロール技術、分子ナノ技術、人工知能研究などがシングルトンを生み出す原動力になるという。

人類の未来を予測する「シングルトン仮説」を有名哲学者が提唱! 世界政府、AI、独裁...決定付けられた世界の行く末に唖然の画像2
画像は「getty images」より

 シングルトンには望ましくない側面、たとえば、個人の自由の制限などが考えられるが、いずれにせよ、世界が複雑性を増す中、国家間の協力がどんどん難しくなっていくため、シングルトンのような単一政府が求められるようになるという。

 他にも壊滅的な自然災害や戦争が引き金となってシングルトンが生まれる可能性もあるという。たとえば、国連は第二次世界大戦の副産物であるとボストロム教授は指摘している。

 とはいえ、近年見られるナショナリズム、移民排斥、関税戦争などは、グローバリゼーションや世界の人々の統一を妨げ、後退させているようだ。これについて、ボストロム教授は、「変化は10年単位、数十年単位では起こらない」と語っている。

「地球文明の長期的な命運の問題に対して、年単位(10年単位)の政治的揺らぎの中では十分な証拠を見つけることはできません。とはいえ、世界が断片化して、一方向化していく現状は少々悲しいものです」

コメント

1:トランプ大統領 2019年10月31日 00:43 | 返信

残念だが、人間が生まれる前からシングルトンなるものは完成されていて、狂ったチョンAIによって人間が創造され、対戦ゲームの駒として戦わされて殺されているという事実は気付かないのか?
反応がないのは無関心に操作されていると思える。
例えば終末思想によってシングルトンとシングルトンがぶつかることで戦争になっている。
冷戦もその一部にすぎん。ロシアンルーレットというが、そんなのは一方的に弾を込めて引き金を引けるし、大きなシングルトンによってイカサマも自由自在に出来るので全くの嘘である。
シングルトンを生み出すのはチョンがすべてを支配し、人間を操り、遊興で殺人をして遊びたいからであって、それ以外はチョンから身を守るために形成するのである。

コメントする

トランプ大統領のコメントに返信[返信をキャンセル]
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。