【警告】小惑星「2006 WH1」がクリスマス5日前に地球衝突!? 人類滅亡か…サンタクロースは廃業へ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

 今年は「クリスマス中止のお知らせ」が宇宙からやってくるかもしれない。ちょうど2ヶ月後のクリスマス直前、小惑星が地球に接近、衝突する可能性があるという。クリスマスの祝祭を前に、人類は小惑星衝突による滅亡の淵に立たされてしまうのか……。英「Express」(10月23日)付が報じている。

Asteroid terror: NASA spot mammoth space rock to hit Earth’s orbit five days before X-mas (Express)

画像は「Express」より引用

 今年12月20日に地球に衝突する可能性があるのは、小惑星2162582006 WH1)」である。直径540メートルほどと米国の世界貿易センタービルと同じくらいの大きさで、時速約4万3千キロの速さで地球に向かっている。

 小惑星の進路はヤルコフスキー効果の影響を受ける。これは小惑星の熱放射が不均一なために日々微小な力が加わり、その軌道までも変化させるというもので、小惑星の形状や自転軸なども関わるため、その影響を正確に計算するのは難しいという。だが今回、この効果を加味した上でより詳細な軌道が予測され、このような報道に至ったようだ。

 この小惑星216258(2006 WH1)は、地球衝突のリスクを示すトリノスケールではまだ評価されていない。しかし、地球に衝突した場合に大きな脅威となる可能性があるのは直径35メートル以上の小惑星といわれており、この小惑星が万が一地球に衝突した場合、人類の存亡に関わる大災害になるのは想像に難くない。その場合、クリスマスどころではなくなったサンタクロースは廃業に追い込まれることになるだろう。

コメント

4:匿名 2019年11月11日 08:08 | 返信

2000年なる前に隕石落ちないだけで不思議だ

3:匿名 2019年10月28日 18:35 | 返信

クリスマス前後に人類滅亡もう何回目??

2:匿名 2019年10月26日 00:48 | 返信

ほんとにオオカミが来て、ちきう滅亡してもいいが、懲りないこじつけネタ

1:匿名 2019年10月24日 17:57 | 返信

クソ記事にHOHOHO!

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。