人類の未来を予測する「シングルトン仮説」を有名哲学者が提唱! 世界政府、AI、独裁…決定付けられた世界の行く末に唖然

「私は、人々が冷戦がいかに最悪の状況だったか忘れていないか、そして間違った教訓を学んでいないか恐れています。“俺たちは生き延びた。だから、そんなに悪くはなかった”と。これは私に言わせてみれば、ロシアンルーレットで生き残って“そんなに悪くなかった。もう一回やろう”と言っているようなものです」(ボストロム教授)

人類の未来を予測する「シングルトン仮説」を有名哲学者が提唱! 世界政府、AI、独裁...決定付けられた世界の行く末に唖然の画像3
画像は「getty images」より

 世界がそのような最悪の状況にいつ陥るかも分からない。第三次世界大戦や核戦争の脅威は常に無視できないのだ。そうした最悪の状況を回避するため、必然的にシングルトンが求められる世の中になっていくのかもしれない。

参考:「Big Think」、ほか

編集部

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ