現場騒然! 駐車場に「謎の雲」が出現、悠々と移動する姿が激写される! 新型のモコモコUFOか?

関連キーワード:

,

,

,

,

 米国で雲形UFOとしか形容できないような奇妙な物体が目撃された。目撃者が撮影した動画はインターネット上に公開され、現在、UFO研究界隈でも大きな話題となっている。

Bizarre “Chemical Foam Cloud” Floats Across Virginia Parking Lot (Freak Lore)

現場騒然! 駐車場に「謎の雲」が出現、悠々と移動する姿が激写される! 新型のモコモコUFOか?の画像1
画像は「YouTube」より引用

 オカルトサイト「Freak Lore」の記事によると、雲形UFOが目撃されたのは米バージニア州のとある駐車場だ。それは乗用車とほぼ同じサイズの真っ白な煙の塊で、ふわふわと浮かびながら駐車場をゆっくり移動していたという。目撃者がその一部始終をスマートフォンで撮影しており、その動画はYouTubeなどで見ることができる。

 1分ほどの動画には駐車場内を悠々と移動する白い塊の姿がはっきりと映っている。撮影者や周囲の人々もこの異様な物体にかなり驚いている様子もうかがわれるが、物体がそれを気にしている様子はない。最初は地面から10センチほどのところを浮かんでいた物体だが、動画の終盤になると上昇しているのがわかる。その後、この物体がどうなったのかは不明だ。

 この奇妙な物体に、台湾の世界的UFO研究家スコット・ウェアリング氏も興味津々の様子だ。ウェアリング氏のサイト「ET Database」でも取り上げ、これはエイリアンの宇宙船だと太鼓判を押している。

「これは非常に小さい宇宙船で、通常は空を飛んでおり、周囲に雲を作って隠れているのです」(ウェアリング氏)

 ウェアリング氏はこの物体が雲に擬態するUFOの一種だと考えており、物体の前方に見える雲の薄い部分はコックピットの窓に当たる部分ではないかとも推測している。

「彼らは自分たちが人間の目に見えないと思っていて、うっかり雲のマントを解除するのを忘れたのでしょう。エイリアンもミスすることがあるんです」(ウェアリング氏)

 トカナでも過去に取り上げているが、周囲に雲を作ったり消したりしてその存在を隠蔽するUFOは幾度となく目撃されている。隠蔽機能を解除し忘れたまま地上に降りてきて、その様子が偶然動画に収められたということなのだろうか。エイリアンの貴重な失敗シーンだと思うと微笑ましさもあるが、このような存在が我が物顔で空を飛んでいるというのはやはり不気味である。

参考:「Freak Lore」「ET Database」「YouTube」ほか

編集部

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ