現場騒然! 駐車場に「謎の雲」が出現、悠々と移動する姿が激写される! 新型のモコモコUFOか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント13
関連キーワード:

,

,

,

,

 米国で雲形UFOとしか形容できないような奇妙な物体が目撃された。目撃者が撮影した動画はインターネット上に公開され、現在、UFO研究界隈でも大きな話題となっている。

Bizarre “Chemical Foam Cloud” Floats Across Virginia Parking Lot (Freak Lore)

画像は「YouTube」より引用

 オカルトサイト「Freak Lore」の記事によると、雲形UFOが目撃されたのは米バージニア州のとある駐車場だ。それは乗用車とほぼ同じサイズの真っ白な煙の塊で、ふわふわと浮かびながら駐車場をゆっくり移動していたという。目撃者がその一部始終をスマートフォンで撮影しており、その動画はYouTubeなどで見ることができる。

 1分ほどの動画には駐車場内を悠々と移動する白い塊の姿がはっきりと映っている。撮影者や周囲の人々もこの異様な物体にかなり驚いている様子もうかがわれるが、物体がそれを気にしている様子はない。最初は地面から10センチほどのところを浮かんでいた物体だが、動画の終盤になると上昇しているのがわかる。その後、この物体がどうなったのかは不明だ。

 この奇妙な物体に、台湾の世界的UFO研究家スコット・ウェアリング氏も興味津々の様子だ。ウェアリング氏のサイト「ET Database」でも取り上げ、これはエイリアンの宇宙船だと太鼓判を押している。

「これは非常に小さい宇宙船で、通常は空を飛んでおり、周囲に雲を作って隠れているのです」(ウェアリング氏)

 ウェアリング氏はこの物体が雲に擬態するUFOの一種だと考えており、物体の前方に見える雲の薄い部分はコックピットの窓に当たる部分ではないかとも推測している。

「彼らは自分たちが人間の目に見えないと思っていて、うっかり雲のマントを解除するのを忘れたのでしょう。エイリアンもミスすることがあるんです」(ウェアリング氏)

 トカナでも過去に取り上げているが、周囲に雲を作ったり消したりしてその存在を隠蔽するUFOは幾度となく目撃されている。隠蔽機能を解除し忘れたまま地上に降りてきて、その様子が偶然動画に収められたということなのだろうか。エイリアンの貴重な失敗シーンだと思うと微笑ましさもあるが、このような存在が我が物顔で空を飛んでいるというのはやはり不気味である。

参考:「Freak Lore」「ET Database」「YouTube」ほか

編集部

関連キーワード

コメント

13:匿名 2019年11月13日 05:36 | 返信

どうしていつも遠くからしか撮影しない?
それはFAKEだから。

12:匿名 2019年11月7日 07:20 | 返信

>>11
いや、5の方が日本語おかしいわ。
本を読んでいない人の文章?
批判したいことより文章の拙さにしか目がいかない。
何を勉強した人の書き方なんだろう。

11:匿名 2019年11月5日 01:24 | 返信

>> 6

6のコメント論客に言われたくないですね。主語と述語の使い方を勉強し直してみてはいかがでしょうか?

10:匿名 2019年11月4日 23:58 | 返信

>>9
せやろか?

9:匿名 2019年11月4日 23:49 | 返信

不思議なものが目の前にあるときにそれを画面の中央に入れないアングルで撮影する人はいないよね。フツー。

8:匿名 2019年11月4日 17:53 | 返信

>>7
ではそのフォグリキッドの例をどうぞ

7:匿名 2019年11月4日 16:58 | 返信

これは普通にスモークマシンのフォグだね。
粘度の高いフォグリキッドを使えば舞台用のスモークマシンで「金斗雲」が作れる。
以前中東で同様のものが撮影された時は消火剤のミストだったけど。

6:匿名 2019年11月4日 12:30 | 返信

>>5
君の文章は頭が弱そうだ…

5:匿名 2019年11月4日 08:56 | 返信

トカナの記事を見て、どうも作り話のようで信憑性がないです。根拠のない、書き込み可能なウィキペディアの引用が多く、実際に取材をしたこともないようなものばかりです。空想の世界のお話ですね。

4:オッパイ大好き 2019年11月2日 23:45 | 返信

ほんまかいな

3:匿名 2019年11月2日 15:56 | 返信

>> 1

怪我人や体力を使い果たし飛べなくなった戦士たちを運ぶのにはギリ使える

2:匿名 2019年11月2日 13:04 | 返信

数十年前の子供の頃、これと同じようなのを見たわ。動画に写ってるものと同じような大きさ・色と形で、>>1が例えるようにまさにモコモコの筋斗雲のイメージそのものって感じで。

当時見たときの状況は、ド田舎の実家のベランダから近くの川を眺めていたら、どこからともなく視界に入ってきたので「なんだこれ?」って思いながらじーっと目で追って見てた。地上からは10m弱くらいの高さで、自分の位置からで大体5~6m先にくらいに浮かんでて、モコっとした形を変えることなく、北から南の方向にめっちゃゆっくり流れて行った。(当時の記憶では、ベランダにいて風は吹いていなかったように思う)

自分の視界から隠れて見えなくなるまで、「雲にしては小さくて、形が変わらずハッキリしすぎてるな(密度が濃そうな感じに見えた)」って、子供心に不思議に思いながらずっと見てたんだけど、あれだけゆっくりと流れてたんだから、子供らしく小石みたいなのでも投げつけておけば良かったなと、今でもちょっと後悔してるw

まあ、雲というよりは、密度の濃い「煙」の塊っぽくもあったので、どこか家の近くでそういう煙を吐き出すような機械を大人が仕事の作業かなにかで使って出たのかな?って、子供ながらに勝手に想像して納得したんだけど、さすがに子供だった当時でも「UFOだろう」なんて発想はしなかったわw

1:匿名 2019年11月2日 12:08 | 返信

これは、UFOではなく筋斗雲だな。
悟空が舞空術ばかり使って出番がなくなったから、人々から忘れさられないようにアピールしに来たんだろ。健気だな~。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。