スペインの火山上空に超クッキリUFO、これはすごい! 目撃者も証言「無音だった」「中央にドーム型構造、エイリアン基地か?」

 行楽シーズン真っ只中の先日、スペイン・テネリフェ島のトレッキングコースで鮮やかなUFOが撮影された――。

■世界遺産の青空に浮かぶ円盤型UFO

 世界有数の観光リゾート地であるスペイン・カナリア諸島だが、その中でもテネリフェ島はスペイン領内で最高峰の火山・テイデ山を擁し世界遺産にも登録されている人気の観光スポットだ。

 快晴の空の下、陽気に山登りを楽しんでいたグループの姿を遠方から収めた写真に偶然写り込んでいたのは青空に浮かぶクッキリとしたシルエットのUFOだった。

スペインの火山上空に超クッキリUFO、これはすごい! 目撃者も証言「無音だった」「中央にドーム型構造、エイリアン基地か?」の画像1
「ET Data Base」の記事より

 この話題を取りあげたのはトカナ読者ならご存知の著名UFO研究家のスコット・ウェアリング氏だ。

「目撃者は先週、スペイン・テネリフェ島の火山近くでUFOを偶然捕らえました。UFOは山を登る人々のグループの真上に出現しました。このUFOを詳しく検分してみると、翼も飛行機雲もないことがわかります。そして中央にドーム構造を持つ円盤型のように見えます」(スコット・ウェアリング氏)

 ウェアリング氏はこのUFOが“円盤型”であると見込んでいるようだ。とすればカメラのレンズに対してこのUFOの機体は真横を向いていることになる。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ