歴史に残る「奇跡のガチUFO写真」10選! ホワイトハウス表敬訪問、知事公認UFO… 目を疑うほど鮮明!(前編)

 報告されないものを含めれば、世界各地で毎年かなりの数のUFOが目撃されていると考えられるが、そのほとんどは具体的な確証は得られていない。その中の、ほんのわずかな割合でUFOが写真や動画に収められているのだが、撮影準備が追いつかないため、その多くは質の低いお粗末な画像や動画になっているのが現状だ。

 しかし幸運にも、急場に対応し収められた“奇跡の1枚”がいくつか残されている。今回はこれまでのUFO研究史上に残された“奇跡の1枚”を振りかえってみたい。

■米・オレゴン州マクミンビル(1950年5月8日)

 屋外で飼っているニワトリに餌を与えていたエブリン・トレントさんは夕方の空の異変に気がついた。空に大きな金属製の円盤が浮かんでいることを確認した彼女は、大声で夫のポールさんを呼び、カメラを持ってきて写真を撮るよう求めたのだ。

歴史に残る「奇跡のガチUFO写真」10選! ホワイトハウス表敬訪問、知事公認UFO… 目を疑うほど鮮明!(前編)の画像1
「UFO Sightings」の記事より

 トレントさんによると、最初の写真が撮られた直後、この物体はすぐに飛び去っていったという。

 夫のポールさんは特に写真撮影に長けてはいなかったのだが、幸運にもうまく撮れたこの1枚は、UFO研究史上最も重要な写真の1つに数えられることになったのだ。

■米・ワシントンD.C. ホワイトハウス上空(1952年7月)

「エイリアンが私たちに接触しようとしているのなら、なぜ彼らはホワイトハウスにやって来ないのか?」といった素朴な疑問を多くのアメリカ人が抱いているという。

 だが過去に実際にUFOがホワイトハウスを“表敬訪問”したことがあったのだ。1952年7月、この“表敬訪問”で首都は大統領選挙キャンペーンと朝鮮戦争といった最重要事案が、一時的に完全に手つかずの状態になったという。

歴史に残る「奇跡のガチUFO写真」10選! ホワイトハウス表敬訪問、知事公認UFO… 目を疑うほど鮮明!(前編)の画像2
「UFO Sightings」の記事より

 このUFOの一群はワシントン・ナショナル空港で目撃されてから街中の至る所に移動したため多くの市民が目撃することに。そしてその夜、ついにUFOが編隊を組んでホワイトハウス上空に飛来。幸運にもその光景をとらえた写真が撮影されたが、今もこの現象を説明する手がかりは何もないということだ。

人気連載
トランプ大統領が「逆転」するシナリオは2つ! 勝つ確率はかなり高い、ナンシー・ペロシも…! ジェームズ斉藤解説

トランプ大統領が「逆転」するシナリオは2つ! 勝つ確率はかなり高い、ナンシー・ペロシも…! ジェームズ斉藤解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

人気連載
封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

歴史に残る「奇跡のガチUFO写真」10選! ホワイトハウス表敬訪問、知事公認UFO… 目を疑うほど鮮明!(前編)のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで