宇宙史に輝く「奇跡のホンモノUFO写真」ベスト5! 月面UFO、サーチライト照射、超メタリック… 研究者もお手上げ!

関連キーワード:

,

,

,

,

,

,

 これまでのUFO研究史上に残された“奇跡の1枚”を紹介する企画。後編でもまた、思わず目を疑うUFO写真が続く。

UFOがホワイトハウス表敬訪問、月面に出現…… 前編はコチラ


■米・カリフォルニア州サンタアナ(1965年8月3日)

 交通エンジニアであるレックス・ヘフリン氏がサンタモニカの高速道路の近くをドライブしていた時、この円盤型の物体が彼の乗用車の上空を飛行。いち早く気づいたヘフリン氏によって幸運にもフィルムに収められ、一躍有名なUFO写真の仲間入りをした。

宇宙史に輝く「奇跡のホンモノUFO写真」ベスト5! 月面UFO、サーチライト照射、超メタリック… 研究者もお手上げ!の画像1
「UFO Sightings」の記事より

 ヘフリン氏によると、この円盤型UFOの直径は約9メートル、高さ約2.5メートルほどである。彼はこのUFOを15秒ほど観察することができたが、その後素早く視界から消え去った。

 首尾よく15秒以内の撮影が成功したこの写真を含む一連のUFO写真は、後に研究者たちによって分析され、何ら手が加えられていないことが確認されている。

■月・アポロ16号ミッション(1967年4月16日)

 この写真は、チャールズ・デューク宇宙飛行士が月面で“月の石”を収集するミッションの光景を写したものだが、彼の背後の上空に楕円形の光る浮遊物体がハッキリと写り込んでいる。

宇宙史に輝く「奇跡のホンモノUFO写真」ベスト5! 月面UFO、サーチライト照射、超メタリック… 研究者もお手上げ!の画像2
「UFO Sightings」の記事より

 この写真が一般に公開されると、人々はNASAに対してこの奇妙な光が何であるのかの説明を要求し始めたのだが、今日に至るまでこの現象についての説明はなされていない。

 実はアポロ計画中に宇宙飛行士たちは何度もUFOを目撃しているのだが、守秘義務が課せられていて公式には口外できないのだという説もあるのはご存じの通りだ。

人気連載

必ず起きる台湾侵攻で中国勝利は確実、日本はどうなる!? ロシアに北海道も奪われ… 本当に迫る危機をジェームズ斉藤が解説

必ず起きる台湾侵攻で中国勝利は確実、日本はどうなる!? ロシアに北海道も奪われ… 本当に迫る危機をジェームズ斉藤が解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.10 17:30日本
日本の「台湾有事シミュレーション」は売国級の稚拙さ! 弱点を中国に発信… 防衛の絶望的実態をジェームズ斉藤が解説

日本の「台湾有事シミュレーション」は売国級の稚拙さ! 弱点を中国に発信… 防衛の絶望的実態をジェームズ斉藤が解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.09 17:30日本
中国「台湾侵攻」は来週開始で確定か! 日本もペロシの命令で内閣改造&戦時体制へ、だが速攻で“あの島”を取られ…(ジェームズ斉藤)

中国「台湾侵攻」は来週開始で確定か! 日本もペロシの命令で内閣改造&戦時体制へ、だが速攻で“あの島”を取られ…(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.07 18:00海外
中国が「米国の思惑通り」台湾侵攻を決意か! 真の黒幕は「浙江財閥」… 報じられない裏の構図をジェームズ斉藤が緊急解説!

中国が「米国の思惑通り」台湾侵攻を決意か! 真の黒幕は「浙江財閥」… 報じられない裏の構図をジェームズ斉藤が緊急解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.06 18:00海外
波動レベル「-100」の人間には何が起こる!? 歪んだチャクラと人生を整える“富の波動”アイテムを専門家に取材!

波動レベル「-100」の人間には何が起こる!? 歪んだチャクラと人生を整える“富の波動”アイテムを専門家に取材!

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.07.19 13:00異次元

宇宙史に輝く「奇跡のホンモノUFO写真」ベスト5! 月面UFO、サーチライト照射、超メタリック… 研究者もお手上げ!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル