「2万匹のミミズ」と生活する東大教授の赤裸々レポート! 2011年のあの日から”不気味な変化”…人類への警告!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5
「2万匹のミミズ」と生活する東大教授の赤裸々レポート! 2011年のあの日から不気味な変化…人類への警告!?の画像1
三浦俊彦教授

 大きな台風が一つ過ぎ去って、すっかり涼しく、いや肌寒くなりました。ということは、今年、我が家のミミズは無事生き延びたということです。「大絶滅」の危機が訪れるのは、決まって夏なので。

 ざっと20年前から私、ミミズを飼っているのです。生ゴミ処理のために。釣り餌に使われるシマミミズという赤いミミズです。

 玄関脇に置いたコンポスト(※1)の中に、ココナッツの樹皮を敷き詰めてベッドにし、そこへ1000匹ほど投入。これで初期設定完了。その上に、出がらしのティーバッグとかコーヒーかすとか、生ゴミを捨てていきます。ミミズが食って排泄し、堆肥に変えてくれますよ。そのへんにいるお馴染みの、灰色の太いミミズは使えません。あの種類は土中の有機物を食うだけで、生ゴミに直接かぶりついてくれないので。

※1 「コンポスト」とは堆肥のことだが、堆肥を作る容器のことをコンポストと呼ぶことが多い。私が使っているのは「キャノワーム」というポピュラーな製品。

「2万匹のミミズ」と生活する東大教授の赤裸々レポート! 2011年のあの日から不気味な変化…人類への警告!?の画像2
三浦教授所有のキャノワーム。バケツには琥珀色の液妃が溜まっている。

 シマミミズなら、残飯や野菜・果物だけでなく、段ボールや新聞紙も大好物。ミミズの糞=堆肥尿=液肥を家庭菜園に使うとトマトやナスが2倍の大きさになるとか。私は植物に興味がないので、菜園はやっていませんが……。

 三層のたらい状コンポストは、一層ごとに底に細かい穴があいていて行き来できる構造。一層が堆肥で満杯になったら二層目を載せて生ゴミ投入続行。三層とも堆肥化したら、一番下の古い堆肥をミミズごと庭に捨て、空になったたらいを一番上へ……この繰り返し。ミミズはどんどん増えて2万匹ほどで飽和状態になります。

 生ゴミは、水分が多く焼却コストが大。つまりCO2の大量排出源。地球温暖化対策に前向きな自治体は、生ゴミ処理機に助成金を出しています。私も、市から1万円強の補助を受けました

「2万匹のミミズ」と生活する東大教授の赤裸々レポート! 2011年のあの日から不気味な変化…人類への警告!?の画像3
キャノワーム内部

 ミミズ2万匹の力で家庭の生ゴミをゼロにできるでしょうか。いや、メンバーただ1人の我が家ですら無理でした。ミミズは好き嫌いが激しいのです。甘いものは大好物だが辛いものはダメ。米は食いまくるがパンもそばも嫌いらしい。リンゴやスイカは大好きだがトマトやミカンは断固拒否。塩分も香辛料もダメ。肉の塊は、有毒カビが出やすいので奥の方に埋めてやらねばならない。乳製品を不用意にぶちまけると、全面があっという間に真っ青にカビてしまう……とまぁなかなかデリケートで、生ゴミ処理用に始めたはずが、ミミズ飼育それ自体へ、目的変更と相成りました。

コメント

5:匿名 2019年11月17日 17:00 | 返信

世界的レベルで足並みが揃う
…怖い。

4:匿名 2019年11月17日 15:12 | 返信

三浦さん
 
> ミミズ繁栄期にはコンポスト内は本当に平和で、見ていて心和みます。…ミミズ同士の争いは見たことがない。それどころか、あちこちでペアが仲良く交尾しています。…雌雄同体コミュニティの風景は、われわれに無言で反省を迫ってくるようです。いつまでもジェンダーだのアイデンティティだのにこだわり続ける人間界よ、ミミズに学ぶがよい、と……。
 
「学ぶがよい、と…」……(脱)、あの……ですね、
「雌雄同体」コミュニティだから、「人間界」で発生する問題が「ミミズ界」では"そもそも"発生しないんですが。
そこから「われわれ」は一体なにを「反省」して、なにを「ミミズに学ぶ」んでしょうか。
「人間界」からも生物学的な性別を無くしちゃえ!、とか?
そうなると、一番簡単な方法は、男み~んな「チンコ切れ!」ですかね。
たしかにそうしちゃえば「ジェンダーだの」なんだのの問題は完全に解消しますね。
(そうなっても「生殖」は今の技術で解決できますのでご心配なく)
それに、
 
> 自らの糞に埋もれて活気づくミミズさながら、われら人間も、産業経済活動のゴミやカスをありったけ排出し、精力的に循環させればさせるほど、ますます肥沃で良好な環境が整ってゆくのではないか。
 
あの……(脱)、
「コンポスト」という"系"では、"大気"や"温度"は無制限に系に出入りするのはもちろん、"食糧"は系の中で生産し"なく"とも、天(系の外)から降って(供給されて)きます。
それに
 
> …三層とも堆肥化したら、一番下の古い堆肥をミミズごと庭に捨て、空になったたらいを一番上へ……この繰り返し。
 
過剰になった「古い堆肥」=糞と「ミミズ」は、"神の手"によって系の外に「捨て」られてます。
つまり、
「コンポスト」内では、「ゴミやカスをありったけ排出し」てますが、それを「精力的に」どころか"全く"「循環させ」ていません。
一方、
「地球」という"系"では、"大気"や"温度"は系から/への出入りに制限があり、"食糧"は天から降って来るのではなく、太陽エネルギーを使って系の"中"で自給する必要があります。
それ故、その自給に適した環境をその"制限"された条件下で、つまり系の外からの"神の手"の介入なしで、"ミミズ"みずからが維持する必要があります。
そして「ゴミやカスをありったけ排出し」たら、それらは「精力的に」どころか、"完全に"「循環させ」ない限り蓄積していく一方で、もちろん、それを地球の外に「捨て」てくれる神はいません。
それに、過剰になった"ミミズ"はどうしましょう?
"ミミズ"自らが、「循環」できなかったプラスチック「ゴミ」ごと地球外に「捨て」ますか、三浦さん?
とにかく、
 
>「地球温暖化OK」なんて言おうものなら、日本列島だけじゃなく国際社会レベルで問答無用、悪人呼ばわりされる今日この頃ですから。仮の話であってもこの件、このあたりで口を閉じねばなりませんね。
 
環境問題等の実世界に関わる問題は、世界的レベルで研究・対策方針や実際の取り組みの足並みが揃わなければ、その解決は非常に困難です。
なので、
あなたには こんな↓
https://tocana.jp/2019/08/post_105798_entry.html#comments
中二病レベルの「議論」しかできないのですから、せめて、これ以上「単なる感情から発した手前勝手な思いつき」をたれ流すのはいい加減にやめて、残りの人生、アニメや下半身の研究に専念してください。
悲しいことに、「声が大きい」つまり その人の肩書きや知名度だけで、その人の言うことはなんでも鵜呑みにしてしまう人達も大勢いらっしゃるようなので。

ちなみに
「自らの糞に埋もれて活気づく」のは、人間界では三浦さんのような性癖の方々"だけ"ですので。(笑)

3:匿名 2019年11月12日 09:12 | 返信

熱すぎると虫も死ぬよな
俺の地域でも涼しくなってから蚊やアブが飛び回るようになった

2:匿名 2019年11月11日 19:59 | 返信

クソトロジスト
大人しく記事まとめた

1:ちょっと一言。 2019年11月11日 18:25 | 返信

古い。なんか色々雰囲気が。
新しい雰囲気を大切にして欲しい。
スタイルの大切さはよくご存知のはず。
これから人間にも必要な存在なのになぜそんな古い空気を纏うのか。
君の時代がようやく来たというのに。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。