表現の不自由展「中止を回避できた方法」を東大教授が公開! ナチスの展示手口にならって…「もう一度、このやり方で開催しては?」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント10

ハイパースカトロジスト(超糞便学者)としても知られる稀代の哲学者・三浦俊彦(東京大学教授)が、世の中の“ウンコな正論”を哲学的直観で分析する【超スカトロジスト時評】――表現の不自由展「中止を回避できた方法」を東大教授が公開! ナチスの展示手口にならって…「もう一度、このやり方で開催しては?」の画像1

画像は「censorship social」より引用

「あいちトリエンナーレ2019」の中の企画展「表現の不自由展・その後」の中止騒動については、いろいろ語られました。主な論点は、5つほどにまとめられるでしょう。

表現の不自由展「中止を回避できた方法」を東大教授が公開! ナチスの展示手口にならって…「もう一度、このやり方で開催しては?」の画像2
三浦俊彦教授

①税金を使って「日本国民の心を踏みにじる」展示をすることは妥当か?

②政治家が展示の是非に口出ししてよいのか?

③芸術監督自身が中止を決めたのは賢明だったか?

④展示の趣旨の事前説明が不足していたのではないか?

⑤展示中止に抗議する作家の「作品撤去」という方法は妥当か?

 細かく見れば、論点はもっと出てくるでしょう。「日本国民の心を踏みにじる」とはどういう意味か、運営会議を開かずに「緊急避難」を理由として中止したのは正当か、等々。ここでは、④「展示の趣旨」を考え直してみましょう。

「表現の不自由展・その後」は、2015年に東京で開かれた「表現の不自由展」を受け継いだ企画で、「組織的検閲や忖度によって表現の機会を奪われた作品」を「展示不許可になった理由」とともに展示したものでした。作品そのものよりむしろ、「作品が展示できなかったこと」を展示するという、メタ展示だったのです。

 慰安婦像や、昭和天皇の肖像が燃える動画について、「こういう作品がこれこれの事情で展示できませんでした」という「展示拒否のコンセプト」を鑑賞してもらおう、という趣旨。一種のコンセプチュアルアートだったわけですね。個々の作品ではなく展示全体が。

表現の不自由展「中止を回避できた方法」を東大教授が公開! ナチスの展示手口にならって…「もう一度、このやり方で開催しては?」の画像3
画像は「CBCニュース(YouTube)」より引用

 したがって、芸術学的な正論を述べれば、こうなります。「日本国民の心を踏みにじる」と抗議した人々は、「観る対象」を誤っていたと。「表現の不自由展・その後」は、慰安婦や天皇について特定のメッセージを伝える展示ではなく、「こういった作品が規制された」という事実を手掛かりに、現代日本についての考察を促す企画にすぎない。政治的主張とは直接関係ないのだから、カッカしなさんな。

 もちろんこの理屈は、詭弁に聞こえるでしょう。たとえば「ルーブル美術館展」。タイトル通りにとれば、「ルーブル美術館にこういう作品が収められている」という事実を堪能するためのメタ展示です。しかし実際は、数々の名画それ自体の展覧会でしょう。同様に、「表現の不自由展」と銘打ったからといって、「不自由」という抽象的事実を味わえというのは無理な話。どうしても、具体的な展示作品そのものに注意が向くでしょう。

 大日本帝国叩きを苦々しく思う種類の人たちが、「メタ展示という趣旨」を無視して「ベタな抗議」をしたのは、見当外れとは言えません。偏向した政治的展示、という印象を拭い去るためには、よほどうまくメタ展示のロジックを可視化する必要があります。

コメント

10:匿名 2019年9月3日 01:50 | 返信

好きも嫌いもない。心の底からどうでもいい。
とりあえずこういう話をせっせと出して「増税」という恐怖の大王を前に皆がパニックになるのを防ぎたくて必死なんだなあ。あの方も竹中の党に入った途端「炎上一発決めてこい!」と言われてめちゃんこ頑張っているな。そゆことだな。

9:匿名 2019年9月3日 00:37 | 返信

表現の不自由展の“特定”の好き嫌いかは別にして
室内展示を一旦中止にして
屋外とか、簡単な屋根付きのスペースでやれば良かったのだと思う。

8:匿名 2019年9月2日 15:18 | 返信

↓町会長の鮫島さん?似ている…。なるほど。これもみんな展示するんですね。いいかも!

7:匿名 2019年9月2日 14:45 | 返信

4、6おまえら病院いけ。
 
この記事は詭弁。朝鮮を汚される様な展示物では全く違った反応を見せるだろうな。
すなわち二重基準なんだよ。左派はいつもそうだ。

6:匿名 2019年8月31日 16:33 | 返信

トランプ大統領のご感想がないな。さみしい。

5:匿名 2019年8月31日 12:04 | 返信

あの像は
「日本の皆さんを騙しています。ここで座って晒されて反省しています」
の像だから、出させておけば良い。

4:ペスト医師(SCP) 2019年8月31日 05:44 | 返信

朝鮮人の汚い意図を感じる展覧会などやらなくてけっこうだが、もともと日本とてこの国と互角かそれ以上のクズだ。今ではすっかりそのことを忘れているようだが。
それよりはだしのゲンの図書館からの撤去をやめろ!あれは戦争の悲惨さを伝えると同時に日本人はもともとまっとうな民族なんかじゃないことを遠回しに伝えてくれる良著だ。

あの作品にはクズの日本人ばかりが登場する。もちろんクズのアメリカ人も登場するが、それよりも日本人のクズさが目立つ。日本人がもともとマトモ民族なんかじゃなくクズの民族だったことを思い起こさせてくれる漫画となっている。
この舐めた展覧会や私の毒舌とは違いあくまで遠回しにそれが理解できるところが良い。
小学生にも読ませるべきだ。

3:匿名 2019年8月31日 05:35 | 返信

↓こういうの全部展示するんだ。なるほど。おもしろいじつにおもしろい。ずーっと読んでしまって人が動かなくなって展示がパニックになったりして。「暇なときに読みに来てもいい回数券」も売るといいのかな。会期中何回か行かないと増えすぎて読めなくなるからリピートしなくちゃね。

2:匿名 2019年8月31日 00:29 | 返信

政治的主張になるやん、今の情勢見たら。慰安婦とかの問題が風化した後ならわかるけど。そうカッカしなさんなで済むならいいが、詳しい内容を知らない人が多いのに、このネット社会では知らない人にうまくねじ込めるでしょ?その配慮もなく展示の趣旨がとか言ってる時点でアウトじゃん。
今回の結果がそれに当てはまるし。
なにを言ってるんだか。金が動いてるんだろうな裏で。

1:匿名 2019年8月30日 23:00 | 返信

なるほど

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。