イエス・キリストには双子の兄弟がいた可能性、学者報告! キリストの物語を根底から揺さぶる恐れ

 イエス・キリストには双子の兄弟がいた――。驚きの見解が新約聖書学者から報告されている。

■イエスとトマスは双子の兄弟!?

「彼(イエス・キリスト)の兄弟は“ディディモス・ユダ・トマス”です」

 そう語るのは米・イエール大学の新約聖書学者、デール・マーチン教授だ。しかもその兄弟は、双子の兄弟であるというのだ。

イエス・キリストには双子の兄弟がいた可能性、学者報告! キリストの物語を根底から揺さぶる恐れの画像1
デール・マーチン教授 画像は「YouTube」より

 マーチン教授は新約聖書学の1つの講義で、新約聖書の外典とされている「トマスによる福音書(The Gospel of Thomas)」についてのレクチャーを行っているのだが、その中でこの驚くべき言説が登場する。

 イエス・キリストの双子の兄弟であるというディディモス・ユダ・トマス(Didymus Judas Thomas)とは、キリストの十二使徒の一人であるトマスであり、ディディモスはギリシャ語で「双子」を意味し、トマスはセム語ではあるが、ヘブライ語、アラム語、シリア語のいずれでも同じく「双子」を意味するということだ。

イエス・キリストには双子の兄弟がいた可能性、学者報告! キリストの物語を根底から揺さぶる恐れの画像2
ディディモス・ユダ・トマス 画像は「Wikipedia」より

「彼の本当の名前はユダだけであり、ディディモスとトマスは彼のニックネームです。前者はギリシャ語で、後者はセム語、またはアラム語です」(マーチン教授)

 つまりユダは“双子&双子”という二重に強調された人物として聖書に登場していたことになる。ニックネームには“念押し”する意図もあったのだろうか。

「これ(ニックネーム)は、トマスがイエスの双子の兄弟であるという初期のキリスト教の伝承による証拠として使われました。特にキリスト教の一派、トマス派ではこの伝承が信じられていました」(マーチン教授)

 イエス・キリストの側近である十二使徒の中にイエスの双子の兄弟(おそらく弟)がいたのだとすれば驚くばかりであり、もしそうだとすれば、これまでのイエス・キリスト像をその本質から捉え直さなければならないだろう。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ