2020年の人類滅亡が確定しました!「女ノストラダムス」ジーン・ディクソンの大予言でハッキリ明言!

2020年の人類滅亡が確定しました!「女ノストラダムス」ジーン・ディクソンの大予言でハッキリ明言!の画像2
画像は「Wikipedia」より引用

 1956年5月13日、ジーンはこう予言した。

「1960年のアメリカ大統領選で、民主党が勝利し、青い目の大統領が誕生する。だが、その大統領は任期を全うすることなく執務室で暗殺されるだろう」

 ジーンが予言したとおり、青い目の大統領ジョン・F・ケネディは、テキサス州ダラスをオープンカーでパレード中に射殺されてしまった。

 その後も、ジーンはキング牧師、ガンジー、マリリン・モンローなど当時の有名人たちの死を次々と的中させた。彼女が書いた本はベストセラーになり、『世紀の予言者』として世界中に名を轟かせたのである。

 脅威の的中率を誇るジーンは、日本についても予言している。

 1984年に来日した時、バブル好景気に湧き、中国とも友好的な関係を持っていた当時の日本に対し、「好景気も中国との友好な関係も長く続かない」と予言。

 ご存じの通り、その後日本はバブルが崩壊し、現在の日中関係は尖閣諸島の領有権などの問題もあり、戦後最悪とまで言われている。

 また、ロシアとの北方領土問題については「20世紀中に返還の見込みなし。北方領土は今後、インターナショナルな領土になる」と予言。予言通り、21世紀になった現在も、北方領土は返還されていない。

2020年の人類滅亡が確定しました!「女ノストラダムス」ジーン・ディクソンの大予言でハッキリ明言!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル