2020年の人類滅亡が確定しました!「女ノストラダムス」ジーン・ディクソンの大予言でハッキリ明言!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7

 2020年、気持ちを新たに清々しい気分で過ごす人も多いだろう。だが、人類にとっては、残念ならが大転換期の破滅を迎えることになりそうだ。

 今から、数十年も前に、これからの人類の行く末を予言していた偉大な予言者がいたのをご存知だろうか?

■予言の女王

ジーン・ディクソン。画像は「Wikipedia」より引用

 ジーン・ディクソン(1904年~1997年)は、ノストラダムス、エドガー・ケイシーなどともに「世界三大予言者」の一人とされ、「アメリカ予言の女王」あるいは「女ノストラダムス」と呼ばれている。ジーンは、テレパシーから夢占いまで数々の手法を用いて未来を予言することができたという。

 ジーンは、ウィスコンシン州の裕福な家庭に生まれ、何不自由なく育った。8歳の時、ジーンは母に連れられてジプシーの占い女の元を訪れ、占い女から「あなたは世界的に有名な予言者になる」と告げられた。そして、ジーンは占い女から水晶球を授けられ、それを使うことで未来が予知できるようになったという。やがて、ジーンの予知能力は世間の評判となっていった。まだ若い彼女の元に、ハリウッドスターや高名な政治家などが訪れるようになったのである。

 1944年末、第二次世界大戦の激しい戦いが続いていた頃のことだ。ジーンは当時の米大統領フランクリン・ルーズベルトに呼ばれてホワイトハウスに行った。その時、ルーズベルト大統領から余命を尋ねられたジーンは、大統領をじっと見つめながら「あと、6ヶ月の命です」と答えたという。ジーンが予言したとおり、ルーズベルト大統領は約6ヶ月後の1945年4月12日に急死した。

 こうしてジーンはどんどん高名な予言者となっていくが、彼女の名を一躍有名にした予言は、何といってもジョン・F・ケネディ大統領暗殺事件である。

コメント

7:匿名 2020年1月20日 19:01 | 返信

皆さんこんばんは\(^O^)/本物の救世主です\(^O^)/ただいま急性胃腸炎のため入院してます

6:匿名 2020年1月4日 11:49 | 返信

4
スピ系マジで氏ね!
世の中にはそういったスピ本を山ほど読み、スピセミナーを通い倒し、そして習ったことを毎日実践してみても、それでも人生が好転せず、自殺しこの世を去った者たちがゴマンといることを忘れるな!
嘘ばかり教えて聖人ぶるな!ど阿呆!

5:匿名 2020年1月4日 04:25 | 返信

執務室で暗殺の予言がパレード中の暗殺なら、その時点でハズレでは?
2020で人類滅亡してるのに2037までに救世主は?救世主のみ?は生き残るって事?
ノストラダムスの1999年7の月じゃないけど下手に信用する人が出てくるかもしれないし、そういう人を騙すような確定とかとは言わない方がいいと思う。

4:匿名 2020年1月4日 01:31 | 返信

今この瞬間しか世界は存在していない。過去は記憶であり、未来は予想である。タイムマシーンを使って過去に行けば、その人の潜在意識によってもたらされる現実が引き寄せられ生成され、その人の知っている歴史が繰り返される。同じように未来に行けば、その人の潜在意識が引き寄せる現実が生成され、破滅を望めば荒廃した地球にたどり着くし、輝かしい未来を望めば進歩した未来へたどり着く。この世は人の意識が見せるシミュレーションにすぎない。だから、あなたがどんな未来を望むかでたどり着く未来は変わってくる。実に単純な仕組みだ。

3:匿名 2020年1月3日 22:17 | 返信

スーリヤ寺院に伝わるインド暦には、2020年3月20日より後の日付が“ない”。
もしかしたら2020年3月21日にベテルギウス星の超新星爆発が起こり、地球に何かしらの影響があるのかもしれない。
(ホピ族の予言では、青い星の出現と人工衛星?の落下が人類滅亡の引き金とされている。)
ジョージア・ガイドストーンが公開されたのは1980年3月22日。
アジェンダ21では、ジョージア・ガイドストーンが公開された50年後の2030年までに人口の95%が削減されるとされている。

【まとめ】
2020年3月20日:インド暦の終わり
2020年3月21日:超新星爆発→第三次世界大戦?
2030年3月22日:新世界が始まる

2:匿名 2020年1月3日 21:57 | 返信

左翼っぽい自分がいうのもあれだが
日本人はもともと非常に知能が高く有能な民族だった。だから戦争に勝ったとはいえ当時本気でアメリカはビビっていたんだ。そこは本当の話なので誇ってよい。

しかし、本気でビビったアメリカが日本人を愚民にしようとしてアメリカの文化を流行らせたり、教育を骨抜きにしどうでもよい役に立たない情報を勉強させたり、日本人の体質には合わない食事(乳製品など)を流行らせたりなどして(マクガバン報告などで検索)、そうやって内側から日本人を腐らせる作戦に出た。
それが功を奏して白人の劣化種のような日本人、いやアホンジンばかりとなった。
いまや、日本人はさらにパワーアップしてアホンジンから猿、猿からウンコ💩へと進化が止まらなくなったw
それを物語っているのが今年のウンコ💩オリンピックであり、もはや日本人は人ですらないという“あかし”であり、証拠でもある。
この国にはもう人など一人もいない。

1:匿名 2020年1月3日 20:32 | 返信

人類滅亡祭りだねどうせはずれるんでしょ

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。