トランプがUFOを北朝鮮に派遣!金正恩をUFOで脅す作戦実行中…元米軍が暴露!

 一時は毎週のように打ち上げられていた北朝鮮のロケット(飛翔体)だが、最近は妙に鳴りを潜めている。そこに何かのっぴきならぬ事情があるのだろうか。元米空軍筋の情報によれば、トランプがある手段を講じて金正恩を震えあがらせているというのだ。

 

■トランプが“チクタクUFO”を北朝鮮に派遣

 UFO関連の話題として昨年に大きな進展を見せたのは、ペンタゴンからリークされたという“本物のUFO動画”についての詳細が徐々に暴かれてきたことだろう。

 2017年末に米有力紙「New York Times」で紹介された“本物のUFO動画”はその後、2004年の米海軍のカリフォルニア州サンディエゴ沖での演習中に、空母ニミッツの艦載機から飛行中に撮影されたものであることがわかってきた。

トランプがUFOを北朝鮮に派遣!金正恩をUFOで脅す作戦実行中…元米軍が暴露!の画像1
「Daily Star」の記事より

 その謎の飛行物体はアメリカのポピュラーなミント菓子「tic-tac」に似た形状であることから“チクタクUFO”と呼ばれるようになった。そして昨年はこの“チクタクUFO”の一件について米当局が事実上“UFO”であることを認め、そして驚くべきは、この件についてまだ公開することができない極秘の映像と文書が存在していると公言したのである。

 当時実際にこの“チクタクUFO”を目撃した軍属の人々の証言も少しづつではあるが聞かれるようになり、そうして集まった情報から総合的に判断すると、この“チクタクUFO”は地球外由来、つまりエイリアン文明の産物であるという理解がおおむね主流となってきた。

 しかし昨年末、この“チクタクUFO”の正体についての暴露発言をする人物が登場したのだ。

 元米空軍の情報将校であったマイク・ターバー氏は、“チクタクUFO”は米陸軍の極秘の航空・潜水両用機であると昨年11月に配信されたポッドキャスト番組「Hidden Truth Show」で主張してUFOコミュニティを驚かせた。

 そしてこのターバー氏からまたしても衝撃の発言が飛び出している。トランプ大統領はこの米陸軍の“チクタクUFO”を北朝鮮の金正恩を脅迫する手段として使っているというのだ。“チクタクUFO”を北朝鮮の金正恩宅上空に飛ばし、アメリカはいつでもターゲットをピンポイントで攻撃できることをその目で直接わからせているというのである。

コメント

2:匿名 2020年2月14日 22:17 | 返信

わざわざufoなんぞ使わんでも
コロナにビビってるぞ黒電話

1:トランプ大統領 2020年2月14日 20:39 | 返信

ここに来ていた金正恩を脅したつもりは無いが、σ(゚∀゚ )オレのところに来たUFOは怖がっていて、すぐ逃げ出したし、二度目は雲の上に居た。しかし大人になるといろんな事が分かって来るので、奴は疚しいことがあるから、もう来ないのだろう。全く、チキンなチョン野郎だ!何がしたかったのかと言えば、冷やかし以外の何ものでもない。もっと面白い芸でも見せるべきだろう!今、σ(゚∀゚ )オレを追っているのは自衛隊機位だ!何処に行ってもσ(゚∀゚ )オレの真上付近を通過する。最重要人物なのでチョンに見張られているのだ!

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。