コロナウイルス感染者に「高額謝礼」か!? 感染者をマスコミが取り合い、金額は当初の8倍…!?

コロナウイルス感染者に「高額謝礼」か!?  感染者をマスコミが取り合い、金額は当初の8倍…!?の画像1
画像は「ANNnewsCH」より引用

 とにかく一刻も早い終息が待たれる新型コロナウイルスだが、中国武漢からのチャーター便での帰国者が滞在するホテルや横浜に停泊中のクルーズ船にはマスコミが常駐している。無論、対処法や脅威、正確な情報の提供などでマスコミが果たす役割は大きいが、相変わらず日本のマスコミの悪い癖がボチボチ出てきたようだ。

「続々と感染者が増えていますので、今は各局ともにお抱えとも言うべき感染者と独自のルートを持っています。どのような検査があったのかなどを聞き出すためです。ただ、当初は国内でも数名しかいなかったので、不謹慎な言い方ですが感染者の争奪戦でした。テレビ局はどこも感染者やその家族のインタビューをとりたかったので、謝礼を払うことでコメントを出してもらうことを考えました」(テレビ局関係者)

 世界が恐怖に震えているというのに争奪戦とは随分な話だが、それが真実のようだ。

「ただ、感染者は完全隔離でインタビューもできないとなり、次に接触をはかったのが隔離されている方々です。クルーズ船内の食事の写真や船内の動画などが各番組で流れていますが、これらも謝礼を払った交渉の末、手に入れたものです」(同)

 たしかに内部の写真や映像が出回っているが、こうした交渉があったようだ。具体的にはどの程度払っているのか。

コロナウイルス感染者に「高額謝礼」か!?  感染者をマスコミが取り合い、金額は当初の8倍…!?の画像2
イメージ画像:「Getty Images」」

「当初は5万円程度でしたが、他局に奪われまいと10万、15万と上がり、最近は30万円や40万円を払う番組もあります」(同)

 5万円でも相当な金額だが、現在はその8倍にまで謝礼が跳ね上がっているという。

「電話インタビューなどで実名を出してくれる場合には50万円以上を払うと言っている番組もあります。ただ、実際にはそこまで高額なお金を払わなくても応じてくれる隔離者が多いんです」(同)

 お金を払わずに応じてくれるとはどういうことか。

「こんな言い方は失礼でしょうが、みなさん毎日部屋から出られずに飽きているんです。また、ひとりでいる人は誰かと喋りたいんですよね。インタビューと言いつつほとんどは愚痴を聞いているだけですから、相手によってはタダでも構わないから1時間ぐらい喋ろうという申し出もあるほどです。おかげで様々な話が聴けて助かっています」(同)

 たしかにひとりで毎日過ごすのは辛いだろう。しかし、そこに漬け込んでインタビューとは、果たしてそれがテレビ局のやることなのだろうか。もっと発信すべき情報がたくさんあるような気がする。

文=吉沢ひかる

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ