今、地球を同時に襲っている10の危機! コロナだけではない、地震、噴火、異常気象…人類滅亡まっしぐら!

 2020年、地球はかつてない危機に襲われている。気象の異常、新型の感染症、大地震など、様々な脅威が同時進行しているのである。キリスト教系オルタナティブメディア「End Of The American Dream」(2月17日付)は、その中でも特に注視すべき危機を10取り上げている。

10 Plagues That Are Hitting Our Planet Simultaneously (End Of The American Dream)

今、地球を同時に襲っている10の危機! コロナだけではない、地震、噴火、異常気象…人類滅亡まっしぐら!の画像1
画像は「Getty Images」より引用

1 バッタの大発生

 現在、エチオピアやソマリア、ケニアなどアフリカ東部の各国が、バッタの大発生で深刻な被害を受けている。バッタの大群は農作物や家畜の飼料を食べつくしながら移動しており、繁殖して規模をさらに拡大、3~5月の収穫期も危険が続くとみられている。このようなバッタの大発生はインドでも起きており、中国にも到達する恐れがあるという。大飢饉の発生が危惧されている。

2 異常気象

 近年、大型台風の発生や干ばつなどの異常気象が相次いでいる。今月も豪シドニーで、4日間でおよそ400ミリという大雨が降った。現地では30年ぶりの豪雨であり、長期にわたって燃え続けていた森林火災が鎮火したものの、大規模な洪水が起こり数千人も避難する被害となった。

3 前例のない大洪水

 前述したシドニーだけでなく、今月はイギリスやインドでも大雨が降っており、各地で洪水の被害が多発している。いずれも何十年かに一度の災害で、「前例のない」という形容詞がぴったりな規模である。