新型コロナウイルス以上のヤバさ! もうすぐ人類を襲う「5つのカスケード危機」に絶望しか感じない!

 オーストラリアでの大規模な森林火災、アフリカのバッタ大発生など、世界では気候変動による災害や異変が次々に起きている。だが、このような危機はまだ序の口で、人類の未来には気候変動がもたらす5つの大きなリスクが立ちはだかっているという。

Scientists Are Deeply Concerned These 5 Cascading Crises Threaten Future Generations (Science Alert)

新型コロナウイルス以上のヤバさ! もうすぐ人類を襲う「5つのカスケード危機」に絶望しか感じない!の画像1
画像は「Getty Images」より引用

 今月、世界52カ国、222人の科学者らが参加するネットワーク「Future Earth」は「Our Future on Earth 2020」と題したレポートを発表し、その中で今後の地球、そして人類の未来に待ち構えている5つのリスクについて解説した。科学ニュースサイト「Science Alert」の記事(2月17日付)によれば、重要なリスクは次のようなものだ。

・ 気候変動の緩和と適応の失敗
・ 異常高温や大雨、冷夏などの異常気象
・ 生物多様性の喪失と生態系の崩壊
・ 食糧危機
・ 水不足

 これら5つはいずれもグローバルな危機であり、地球や人類の文明の状態・存続に対する大きなリスクであるという。さらに、これらのリスクはそれぞれ独立したものではなく、組み合わさって次々に襲いかかり、状況をさらに悪化させる可能性が高い「カスケード危機」である。例えば、山火事一つとっても、そこに住む生物の多様性が失われて生態系が壊れ、干ばつなどを引き起こす可能性がある。人類が地球上で繁栄し続けるためには、気候変動を抑制し、これらのリスクを乗り越える必要があるとレポートは指摘する。

 レポートがキーワードとして掲げるのは「持続可能な開発」であり、この危機を乗り越えるための方法の一つとして、デジタルテクノロジーの活用を訴える。例えば、地球全体をリアルタイムに観測し、エネルギー利用の効率を高め、輸送や建築、産業などによる無駄やCO2の排出量を減らし、違法な森林開発などの取り締まりを強化する…… といったようなことだ。また、金融や投資のシステムを変え、生態系や土地に大ダメージを与える大規模開発を抑えるといった政策面でのアプローチにも言及している。

コメント

1:トランプ大統領 2020年2月21日 00:50 | 返信

残念だが、現実は厳しい。悪なる人間共をこの世から抹殺しなければ、地球環境は守れないのだ!
特に自然や動物を大切にする神であるこのσ(゚∀゚ )オレに仇名す悪の宇宙人に操られたブサイクは死ななければならん。σ(゚∀゚ )オレの友達だというが、自分を信じてはいけない、自分は危険なブサイクだとも言っていたし、何かとσ(゚∀゚ )オレをパクって永遠のライバルだと挑戦してくるが、八百長以外に勝った試しがないので、生きている価値はないだろう。何といっても反トランプ勢力でもあるし、日本を破壊しようとする移民であるし、例え正気に戻っても、ゴキブリの様に病原菌を媒介し増え続ける人間はいずれにしても始末しなければならない。ブサイクでは生物学的にも問題があり、遺伝病の危険性もあるので、生かしておく必要性は無い。どうせバイオロボットなので、いくらぶっ殺しても、生態系や法的にも何の問題もないわけで、縄文時代の様に美形しかいない方が人間にとってありがたい筈である。ポンコツのブサイクでは、いくら高学歴で優秀でも、犯罪を犯す可能性があるのと、悪の宇宙人に靡きやすく、シナチョン由来の下等生物では人食いの殺人鬼になる恐れもあるので、やはり神の手のよって浄化、抹殺されるべきなのだ。それが達成されて人々は真に生まれ変われるのである。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。