【緊急】153カ国1万1000人の科学者が「気候変動のヤバさ」を連名でガチ指摘! 「今すぐ始めるべき6つの取組み」とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7

 残された時間は刻々と減るばかりで――。153カ国1万1000人以上の科学者が名を連ねて「深刻化する気候変動への取り組みを今すぐ始めなければならない」と宣言している。そこには、喫緊に着手しなければならない6つの対策があるという。

■待ったなしの気候変動への取り組み

 気候変動の影響について世の中に警告を発することは、今や科学界の「道徳的義務」であることが、先ごろ「BioScience」で発表された研究論文で力説されている。環境問題への取り組みには、もはや一刻の猶予も許されないのだ。

 研究論文の共著者で米オレゴン州立大学の名誉教授であるウィリアム・リップル氏は、「気候変動はかなり深刻で、科学者の予想よりも速く加速するため、私たちは共同で気候緊急事態を宣言しました」と米オンラインメディア「Vice」に話している。

【緊急】153カ国1万1000人の科学者が「気候変動のヤバさ」を連名でガチ指摘! 「今すぐ始めるべき6つの取組み」とは!?の画像1
「Vice」の記事より

「それは自然の生態系と人類の運命を脅かしています。私たちの多くは、対策を講じるための時間すらなくなっていると感じています」(リップル氏)

 世界科学者同盟(Alliance of World Scientists)の科学者1万1333名が賛同の署名をした同研究では、太陽光や風力など再生可能エネルギー源の普及をはじめとする環境問題へのいくつかの長期的な取り組みが、必ずやポジティブな改善につながることを指摘している。気候変動への対策はまだ間に合うというのだ。

 しかし、現在のままでは進捗は遅すぎて「語られていない問題」を防げる確率は低いという。たとえば、アマゾン熱帯雨林での森林面積の縮小には歯止めがかかっていない。

 この緊急事態に適切に取り組むために研究チームは、再生可能エネルギーの使用、短寿命気候汚染物質の削減、自然保護、植物由来の食事の促進、搾取的な経済システムの否定、 持続可能な世界人口の維持と以上6つのソリューションを掲げている。

【緊急】153カ国1万1000人の科学者が「気候変動のヤバさ」を連名でガチ指摘! 「今すぐ始めるべき6つの取組み」とは!?の画像2
画像は「Wikipedia」より

「断片的な解決策ではなく、社会が健全に機能し、自然と相互作用する方法に本質的な変化をもたらすことができる6つの解決策を提案します。これらはそれぞれが相互に関係し合うものでもあります。社会、環境、および気候の問題は体系的であり、互いに依存しているので、全体的な解決策が必要なのです」(リップル氏)

コメント

7:匿名 2019年12月12日 06:43 | 返信

>> 2

あっ!それ意味わかります!
満月が出ていようが、街頭がついていようが外がやたらと暗く感じるというものですよね?
本人の体調や感じ方の年代による違いの変化を差し引いても暗く感じると主張したいわけですよね?
自分も時々街頭があろうが無かろうが非常に外が暗いと感じることが多々あります
原因まではよくわからないですけどね
地球の地場がー(?)とか、太陽のー(?)、とかその手の話が原因ですかね?

6:匿名 2019年12月11日 22:12 | 返信

地球温暖化の原因は太陽にある
太陽を破壊しよう

5:匿名 2019年12月11日 05:34 | 返信

日本も梅雨がズレたり2月より3月の方が寒くなったり
季節がズレてきていてそのうち四季はなるなるよ

更にブラジルの森林放火は全世界に影響及ぼしたね

4:トランプ大統領 2019年12月11日 00:22 | 返信

>> 2

福岡は一度行って見たい旅行先である。気になっているウナギ屋さんでウナギを食べてみたいのだ。おすすめのグルメはないか?やっぱり、もつ鍋やラーメンか?博多のうどんはどうだ?美味しい?そのポールシフトは何が起きるんだね?私は特に何も影響がないように思えるが?
温暖化は、オゾン層が破壊された影響で太陽光が強くなって気温が上がっているのだろうし、あと60年くらいしないと元に戻らんらしいぞ?その前にオゾン層を人工的に補修してやれば、強い日差しで、植物が葉焼けしなくて済むと思うのだ。後は手っ取り早く戦争を起こして、生きるに値しない生命を殺害していって、邪悪な経済活動を抑制しつつ、そいつらの金を使って環境改善するなんて良いアイディアだと思うのだよ。死体は肉骨粉にして砂漠に植える植物の肥料として使用し緑化していくのが良い。なんというか自業自得ってやつだ。
強力な兵器で即死すれば痛くないので安楽死と変わらんし、人間を始末するとエコロジーになる。

3:匿名 2019年12月10日 18:18 | 返信

タイトルに正しい日本語使えや!

2:九州北部、福岡の海沿い(玄界灘)側の人 2019年12月10日 15:00 | 返信

最近、夕暮れの暗さに奇妙な感じを受けます。
近年は温暖化の影響なのか春夏秋冬がズレた状態だと思いますが、子供の頃に見た夕焼けや12月の暗くなり方が、昔と違うのです。
子供の頃はポテトチップスやビッグマックはとても大きく感じていて、いざ大人になると「そんなに大きくない」と感じますが、体格や知能の成長で、感じ方が変わると思っています。
子供の頃の感覚や晴れ曇りの気象条件を差し引いても、変な暗さです。
(PM2、5が飛来しない時の夜の暗さです。)
街の灯りが、白熱球、蛍光灯、ネオン管、ハレゲンランプ、LEDに変わって行って、LEDの(白い)光の波長とかでの街の明るさが、明と暗がハッキリし過ぎていますが、夜の暗さが80年代や90年代と違うのです。
東京から離れた地域の方々は、夜の暗さが昔と違う感じを受けているか?を知りたいです。
温暖化、気候変動の影響でしょうか?

極めて個人的な推測ですが、ポールシフトの影響とかが出始めていませんか?

1:Takumi Soyama 2019年12月10日 12:14 | 返信

COP25,IPCC、多くの気候会議すべて解決策を提示できず毎回閉会が実情であり無駄な会議。そこで気候問題で即効性があり絶大な効果を発揮し気候変動、地球温暖化、異常気象、大気汚染、そして航空機など内燃機関の騒音、排気臭まで解消し、綺麗な空気で世界が歓喜に満たされ本来に一変させるテクノロジーを世界が採用されることが望ましい!

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。