UMAビッグフットの正体はアヌンナキの下僕「イギギ」だった!? 地球に置き去られた経緯、人類と共通DNAをもつ理由に衝撃!

 その呼び名はいろいろあるものの、世界中で目撃されている未確認生物が“ビッグフット”だ――。その正体についての大胆な新説が登場している。なんと、ビッグフットは“神”であるアヌンナキの下僕であったというのだ。

■ビッグフットの本当の名前は「イギギ」

 ヒマラヤの“イエティ”、オーストラリアの“ヨウィー”、そしてシベリアの“チュチュニア”など、世界各地において2本歩行で背の高い毛むくじゃらのUMA(未確認生物)、いわゆる“ビッグフット”の目撃が報告されている。

 このビッグフットについては、サル説、クマ説、悪ふざけの着ぐるみ説などを含めて多くの仮説がある。しかし、実はビッグフットは人間存在の“秘密”の鍵を握っているという新理論が登場した。

UMAビッグフットの正体はアヌンナキの下僕「イギギ」だった!? 地球に置き去られた経緯、人類と共通DNAをもつ理由に衝撃!の画像1
「Daily Star」の記事より

 ポッドキャスト番組「Realm of the supernatural podcast」のホストを務めるリー・ソルウェイ氏は、10代の頃からビッグフットに魅了され、超常現象を扱った雑誌や書籍を収集し始め、調査と研究を長年続けて今日に至る。

 ソルウェイ氏の郷里であるリンカーンシャーには複数の“サスカッチ”の目撃例があり、地元の動物園から逃げたゾウやクマとして説明しようとした者もいたのだが、ソルウェイ氏はそれは「ありそうにない」と却下している。ソルウェイ氏は世界中で数多くの“ビッグフット”目撃例があることこそが、それら対象が本物である証拠だと主張する。

 そしてソルウェイ氏は、古代の地球にやって来たエイリアンの従順な下僕がこのビッグフットであったのだと説明している。

 古代の地球にやってきたエイリアンとは、メソポタミア文明のシュメール神話にも登場する「アヌンナキ」のことで、このアヌンナキに仕える下僕がビッグフットであったのだという。しかしそれなら、どうしてビッグフットはこれほどまでにマイナーな存在になっているのか。

 ソルウェイ氏によれば、ビッグフットの本当の名前は「イギギ (Igigi) 」であるという。

 メソポタミア文明の神学において、イギギとはアヌンナキに仕えた“小さな神々”であり“空の神”とされる。イギギはアヌンナキの忠実な下僕としてこの地球上で仕えてきたのだが、日々過酷さを増す強制労働に対してついにイギギたちが反抗する。

UMAビッグフットの正体はアヌンナキの下僕「イギギ」だった!? 地球に置き去られた経緯、人類と共通DNAをもつ理由に衝撃!の画像2
「Daily Star」の記事より

 こうしてアヌンナキに仕えることをやめたイギギは、宇宙へと飛び立つ道を閉ざされ、地球上で隠れるようにして命をつなぐことになったのだ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ