「東京オリンピック、4年延期でパリ五輪と連続開催」情報浮上! 延期議論に4週間もかかる“本当の理由”がヤバい!

「2024年、東京オリンピックとパリ五輪の連続開催」情報浮上! 延期議論に4週間もかかる本当の理由がヤバい!の画像1
イメージ画像:「Getty Images」

 東京五輪の7月開催はどう考えても無理。にもかかわらずIOCは「延期も含めて4週間かけて対応を検討する」と表明している。なぜさっと決断を下せないのか、そこには驚愕の裏事情があるという。

「基本的に2021年開催案で合意を取りたかった。そこが難しかったというのが混乱の出発点です」

 そう語るのは国際スポーツ分野に詳しい関係者だ。今夏の開催は無理。コロナという感染症が原因である以上、秋に動かしてもリスクマネジメント的には解決にはならない。そこで1年延期が当然のように検討されたわけだ。

 ただ、問題は2021年の夏には世界水泳と世界陸上が予定されていることだ。2021年にオリンピックを延期させればそれらの大会とバッティングする。一部の報道ではアメリカ陸上連盟が世界陸上について五輪と開催時期を調整するという観測が流れているが、どちらの大会も莫大な放映権料を前提にプロジェクトが動いている以上、ワールドアスレティックス(陸上の国際組織)も国際水泳連盟もこのタイミングでそれを手放すのには難色を示している。

 加えてコロナの場合、今年の冬に再流行が起きる可能性が高い。2021年への延期判断は、来年の今の時期になって再検討へと追い込まれかねない。

 次に検討されたのが2022年だが、ここは冬季五輪、サッカーワールドカップとバッティングする上に、ユース五輪もダカールで開催される。2023年にはふたたび世界陸上と世界水泳で、こちらもすでに開催地が決定している。

 そこで現在最有力とされている案が2024年に夏季五輪を二度開催する案である。2024年5月に東京五輪を、そして11月にパリ五輪を開催するというのがスポーツイベントとしての放映権収入の最大化の観点では望ましいというのだ。

コメント

5:トランプ大統領 2020年3月25日 12:21 | 返信

>> 3

σ(゚∀゚ )オレもそう思う。夏になってもウィルスが弱まる事が無く、ウィルス対策出来るまで一年以上掛かるらしいので、来年も無理だろう。という事は、寅年に開催する事になって寅さんのオリンピックになるぞ?2022の方がにゃんにゃんしていて語呂が良い。サッカーワールドカップもやるという事で、葛飾区のキャプ翼と同期していて、日向小次郎のタイガーショットで次々と吹き飛ばして病院送りになるので、どちらも寅さんである。しかし今の日本において人を病院送りに出来る程のシュートを打てる選手がいないのが残念である。どうせ寅さん関連で韓国と戦う可能性が高いから、今の内にキック力を鍛えて本番で思い切っきり壁にぶつけて病院送りにして貰いたい。

4:匿名 2020年3月25日 11:50 | 返信

抵抗が日本国内だけで治まるならむしろ内弁慶の日本上級にはもってこいだな

3:匿名 2020年3月25日 11:37 | 返信

なんだよホラッチェってwww
 
2022年の冬季五輪は文字通り冬季で、サッカーは秋。バッティングしないっつーの。
よく調べてから書けよ。
 
連続開催するわけねーだろ、誰得なんだよ?アホか?
 
2022年夏季開催で決まると思う。批判をかわそうと1年延期と言ってるけど、実質来年は無理だわ。

2:匿名 2020年3月25日 09:15 | 返信

残念なことに、1年延期だったね。

1:匿名 2020年3月25日 05:38 | 返信

ほらっちょ

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。