【緊急事態宣言】新型コロナでゲームをやりすぎるとこうなる!プレステ指、ニンテンドー炎、20年後の悲惨な姿が判明!

【緊急事態宣言】新型コロナでゲームをやりすぎるとこうなる!プレステ指、ニンテンドー炎、20年後の悲惨な姿が判明!の画像1
画像は「Daily Mail」より

 新型コロナウイルスの影響により世界各地で外出禁止命令または外出制限命令が出され、多くの人が自宅に閉じこもる生活を強いられている。そうした中、世界中でビデオゲームやオンラインゲームの需要が増大、1日のプレイ時間も19%上昇しているという報告もあるが、もしかしたら新型コロナウイルスは人間の姿かたちまで変えてしまうかもしれない。

 英紙「Daily Mail」(4月6日付)によると、カナダのオンラインカジノサイト「OnlineCasino.ca」が、ゲーマーのライフスタイルが身体に与える影響に関する世界的な報告書に基づいて作成した予想モデル「マイケル」を発表したという。

 室内に閉じこもり、椅子に座りっぱなし、コンピュータの画面とにらめっこしている時間が長いことによる、筋肉、皮膚、目、髪の毛など人体への物理的な影響が人の姿をここまで変えてしまう可能性があるというのだ。マイケルは、貧しい食生活と日光浴不足、人工的な光への長時間露出により、ビタミンDとB12が十分に摂取できず、その肌は青白くなってしまっている。また、背中はゲームの姿勢の悪さから不可逆的湾曲してしまい、足と腕にはストレスに関連した湿疹ができている。