新型コロナとパチンコ業界の闇…朝鮮系の実業家への忖度「敵にできない連中がいる」

 K-1といえば3月22日に、埼玉県知事らの自粛要請を振りきって1万人規模のアリーナ興行を強行した格闘技団体で、「行政にも強気でいられたのはそういう背景があるのかも」とジャーナリスト。

 実際に北朝鮮人脈との繋がりが明確になってはいないから何も断定はできないが、この状況下でも3月末にパチンコ店に長蛇の列ができている様子が報じられ、人々から「なぜ誰も指摘しない?」と疑問の声が上がっていた。

 都は国の緊急事態宣言発令を受けてようやく、ボーリング場やバッティング練習場などとともにパチンコ店も名指しで休業要請する予定だったのに土壇場で再調整。それも直前、大手チェーンなど一部の店舗で自主休業を決めた後のことでようやく動いたものだった。ギリギリまで気を遣っているように見せたのは、その裏には口に出せない理由がありそうだ。

文=片岡亮/NEWSIDER

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ