頭を3回撃たれても生還した「不死牛」が発見される! 食用ではなくペットとして飼われることに

関連キーワード:

,

,

,

,

,

 不死鳥ならぬ“不死牛”の伝説があるという。そして先日、その伝説の“不死牛”が発見された――。

 

■何度銃撃しても死なない“不死牛”

 タイ・トラン県の村には決して殺すことができない“不死牛”の伝説が語り継がれているという。村長をはじめこの伝説を知る村民は多かったが、これまで誰もその“不死牛”を見ることはなかった。

 しかし先日、その伝説の“不死牛”が現実に現れたのだ。この出来事には村長も驚きを隠せない。

「私はかつて親戚の高齢者から“不死牛”がいると聞かされましたが、本当に“不死牛”がいたことに大きな衝撃を受けました」(村長)

 不死身の牛と聞けば勇猛で筋骨隆々なバッファローのような牛を連想するかもしれないが、今回見つかった“不死牛”はそのイメージには程遠く、優しい目つきをした小型のメスの畜牛である。この牛が不死身であるとはにわかには信じられないだろう。

「Daily Mail」の記事より

 この村に住むソンポーン・ナジンさん(43歳)は、伝統的な宴の場で振る舞われるごちそうの食材として生きたメスの畜牛1頭を購入。そして先日、料理の準備のために殺そうとした。ナジンさんが牛を殺すのはこれが初めてではなく、いつものように22ミリ口径の拳銃を手にして牛の頭部を狙って引き金を引いたのだ。

 しかしなんとこの牛はビクともしなかった。おかしいと思ったナジンさんはさらに2発、拳銃を撃った。だがそれでも牛はピンピンしていたのだ。牛は弾丸をはじき返していたのである。

 見かねたナジンさんの友人は、家からショットガン(散弾銃)を持ち出してきて牛に向けてぶっ放した。

 衝撃で牛は倒れ込み、ようやく“ひと仕事”が終わったかと安堵したのもつかの間、起き上がった牛はどこかへ走り去ってしまったのだ。宴のためのせっかくの“ごちそう”は逃げてしまったのである。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ