日本政府は1952年からUFOの存在を知っていた!「羽田空港UFO事件」で判明、今年中に皇室がUFO情報開示へ!?

残された大鳥居。画像は「Wikipedia」より


 日本国内最大の空港「羽田」――成田空港とともに日本を代表する空港だが、実は敗戦直後にUFO事件が勃発していたのだ。宗教・オカルトの専門家・神ノ國ヲが徹底調査!

――戦時下日本のUFO事件ですか?

(神ノ國ヲ) 第二次世界大戦直後の1945年9月12日、羽田飛行場は、連合国へと引き渡された後、米軍の羽田陸軍基地(Haneda Army Airbase)として利用されました。狭すぎるので、すぐに拡張計画が行われ、空港南側の干拓地に住む200世帯・3000人への強制転居が命じられます。しかし「穴守稲荷神社の大鳥居」だけは残されました。それには恐ろしい理由があります。

 実は神社を破壊しようとした米兵の変死、日本の業者の倒産など、不幸が立て続けに起こり、さすがのGHQも困り果てて放置を決定したという逸話が残っているのです。

 占領終結後、何度も羽田の「移転」が試みられましたが、その度に、墜落事故が起きたとも言われます。1985年8月、「日航123便墜落事故」も羽田から伊丹へ向かう途中で墜落しています……。なかなかイワク憑きの場所です。

――「コンドン・レポ―ト」がらみですか?

(神ノ國ヲ) 言うまでもなく「コンドン・レポート」は、アメリカ政府による1940年代から1960年頃までの「UFO目撃事件」の研究報告です。空軍主体で国防強化を目的として、コロラド大学が協力していました。研究者の多くは否定的ですが、報告には日本の事例も含まれているのです。

 たとえば、1952年8月5日午前0時前、管制塔で勤務していた米兵2人が、夜空に奇妙な明るい光を目撃、光源は東京湾へと向かっているように見えたと報告しています。

画像は「UFO Insight」より


 軍用双眼鏡で確認したところ、その光が基地に向かっているように見えたため、米兵らは交代シフトのオペレーターにも伝え、4人で光源を確認。その物体の動きは、明らかにコントロールされたものであり、管制塔の近くでホバリングしていたのです。米兵は「光の奥に円形が見えた」「その光源の4倍はある物体だった」さらに「レーダーでも確認した」と報告。

 しかし、奇妙なことに東京湾上空の哨戒機パイロットは、何も見ていない。緊急事態と判断したW・R・ホルダー中尉はF-94に乗り込み、迎撃行動を開始。管制塔のA・M・ジョーンズ中尉の指示に従い、未確認飛行物体の追跡を試みましたが、結局、肉眼では確認できずに30分でロスト。レーダー上では、その物体は時速560km以上に加速し、3つに分割して消失したのです。結局「不明事案」として片付けられました。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ