【緊急】ゴーン逃走劇の日本人協力者発覚⁉ 超有名経営者Xを含む2名を東京地検特捜部が事情聴取の意向との報

関連キーワード:

,

,

,

「カルロス・ゴーンの大誤算、彼は日本に戻る」イラン米国の第三次世界大戦でレバノンが戦地、ミサイルの雨が降る!の画像1
画像は、FNN.jpプライムオンラインより引用

 

 世紀の逃亡劇の裏で何が起きていたのか-。昨年末、列島を揺るがせた日産のカルロス・ゴーン元会長の出国騒動。東京地検特捜部に金融商品取引法違反などで逮捕・起訴されたゴーン氏は保釈中で裁判を待つ身でありながら、日本からの脱出を図り、自身の出身国であるレバノンへの亡命を完遂させた。

 出国には「グリーン・ベレー」の俗称で知られる米陸軍特殊部隊の元隊員が関わったとされ、ゴーン氏が楽器箱の中に隠れて出国審査を切り抜けるなど、スパイ映画さながらの大がかりな劇場型犯罪に世界の注目が集まった。

 その後、新型コロナウイルスの世界的流行もあり、捜査の進捗に関する新しい情報は報じられていなかった。しかし、ここにきて、脱出劇にかかわった協力者の存在が浮上。日本の捜査当局が重大関心を示しているという。

 「今年5月には、逃亡の手助けをしたグリーン・ベレーの元隊員とその息子が米国の司法当局に身柄を拘束されたほか、トルコでも7人の航空関係者が現地の捜査当局に逮捕されています。ゴーン氏の逃亡に関わった人物が次々と逮捕されている状況ですが、まだ明るみに出ていない日本人協力者がいるという話が出ているのです。しかも、それが、日本国内でもかなり名の知られた人物だというのです」(事情を知る捜査関係者)

 この関係者によると、にわかに捜査線上に浮上している日本人は2人。1人は、さまざまな業種の会社の経営に携わる超大物人物で、もう1人は、芸能界やスポーツ界に豊富な人脈を持つ企業経営者だという。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ