長期間失踪した子どもが、突然「同じ格好で」戻ってきた未解決事件7選! 非現実の世界、謎の異臭や音…

 不可解な“空白時間”を持つ子どもたちがいる。両親をはじめとする必死の捜索の中、予期せぬ形で無事発見された子どもたちはこの“空白時間”中に何も記憶がなかったり、まったく別の世界に足を踏み入れた体験を話したりしているのだが――。

※ 奇妙で不気味な体験談ばかりの前編はコチラ

■1984年:ルーマニア

 1980年代には、ルーマニアの山村でも奇妙な出来事が起こっている。

 1984年、北カルパティア山脈にあるリゾート地で知られるバトラ・ドルネイの山村に夏休みで訪れていた4歳の少年は、ある天気の良い日に祖父母と一緒に村の見物に出た。

長期間失踪した子どもが、突然「同じ格好で」戻ってきた未解決事件7選! 非現実の世界、謎の異臭や音…の画像1
「Mysterious Universe」の記事より

 美しい自然を満喫した後、祖父母は町のブティックで買い物をするつもりだったのだが、少年は自分でもはっきりした理由は思い浮かばないものの、どうしてもこの店に入りたくなかった。祖父母は彼を店の中に押し込もうとしたのだが、少年は「今、僕は犬なんだ」と飼い犬のように店の前で待つと言って、店の前の街灯のポールにしがみつき、入店を拒んだ。

 諦めた祖父母は「だったらそこでワンちゃんみたいにおとなしくしてなさい」と言って店の中に入っていった。

 店先で“犬”になる体験を通じて、少年は意識の変容を感じたという。

 知らぬうちにどういうわけか店から500メートルほど離れていることに気づいた少年だったが、辺りに人がまったくなくなったことも察知したという。

 町でひとりぼっちになった少年は、次に聴覚を失った。川と風の音、鳥の鳴き声はすべて消え、自分の声すら聞こえなかった。周囲は完全な沈黙に包まれ、自分の影が周囲に6つもあったという。そして空を見上げると太陽も月もなく暗黒の空間が広がっていた。

 

 一連の奇妙な体験の中で確かなものは街灯のポールだけで、少年はポールにしがみつくことに意識を集中した。少年は店の前で祖父母と別れてから5分間ほどがたったと感じていた。

 次の瞬間、祖父が肩をつかんできて泣き出しそうな顔で今までどこにいたのかと聞いてくるのだった。そして周囲に向かって「見つかったぞ!」と叫んだのだ。すると祖母を含めて10人もの大人たちが安心した顔をして集まってきたのだった。

 祖父の話によれば、捜索隊を結成して行方不明になった少年を探していたようだった。しかし詳しいことは少年には話さず、どのくらいの間、行方不明になっていたのかなどについてはわからないままであった。

 少年はその後、親族と共にすぐにこの村から去ったということだが、帰宅後に発熱して3日間寝込むことになったという。医師の診断は食中毒だったが、村に滞在中、みんな同じものを食べていたのに少年だけ食中毒になるのはどう考えても不自然であった。

 少年時代のこの体験を思い出すたびに、あの時自分は“現実の向こう側”に行っていたのだと信じるようになったという。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ