【未解決】4歳美少女が森で一瞬にして消えた「ナイリーン・マーシャル失踪事件」が怖すぎる! 恐ろしい男の顔、毎朝体液を…!?

 まさに“神隠し”としか言い表せない失踪事件がある。キャンプ地で“蒸発”した4歳の女の子、ナイリーン・マーシャルもその1人だ。

■4歳の女の子が忽然と姿を消す

 さっきまで一緒に遊んでいた子どもがちょっと目を離した隙に忽然と姿を消してしまった――。現場に居合わせた誰もが悲観し、途方に暮れているのが「ナイリーン・マーシャル失踪事件」である。

 1983年6月25日、米・モンタナ州ヘレナ近郊のヘレナ国有林にあるキャンプ地では、多くの家族が参加するハム無線同好会の集まりが催されていた。天気の良いキャンプ日和の1日で、各所で笑い声が絶えず、子どもたちは自然の中で嬉々としてはしゃいでいた。

 この集まりに参加していた家族の1組がマーシャルさん一家だった。日も傾いてきた午後4時、マーシャル家の4歳の娘ナイリーン・ケイ・マーシャルは、ほかの子どもたちと遊んでいるうちに、まるで神隠しにでもあったかのようにいなくなってしまったのである。

【未解決】4歳美少女が森で一瞬にして消えた「ナイリーン・マーシャル失踪事件」が怖すぎる! 恐ろしい男の顔、毎朝体液を…!?の画像1
ナイリーン・ケイ・マーシャル 画像は「Wikipedia」より

 その時、ナイリーンは子どもたちと一緒にキャンプ地から少し離れた木立の中で遊んでいたという。あたりにはビーバーダム(ビーバーが作ったダム)などの水辺もあり、最年長の少年が先頭を歩いて木立の中を進んでいたというが、振り返ってみるとナイリーンがいないことに気づいたのだ。ナイリーンの“蒸発”はほんのわずかの間の出来事であったという。

 子どもたちは最初、ナイリーンが隠れんぼをしているのかもしれないと考えた。しかし名前を呼びながらあたりを探しても一向にナイリーンが姿を現す気配はなく、仕方なく子どもたちは90メートルも離れていないキャンプ地に戻って大人たちにナイリーンがいなくなったことを報告した。

 警察や森林管理当局にもすぐに知らされ、レスキューチームも加わった大規模な捜索が開始されたのだが、ナイリーンの行方はわからずじまいだ。捜索隊の中には実績豊富で優秀な警察犬がいたのだが、ナイリーンの匂いはいなくなった水辺の地点で消えていたようで、この犬も途方に暮れていたという。

 ナイリーンと一緒にいた子どもたちのうち2人の少年が、木立の中でジョギングウェアを着た成人男性がいたことを証言した。

 恐ろしい形相をしていたというその男は、ナイリーンに話しかけたとも見られ、「影を追え(follow the shadow)」という発言もあったという。ナイリーンはこの男に誘拐されたのだろうか。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ