【未解決事件】少女が一瞬で消えた「マリーナ・チルドレス失踪事件」15年後の驚愕展開!

 1987年4月16日、米テネシー州ユニオンシティは、美しく穏やかな天候であった。この日、4歳のマリーナ・チルドレスは、いつものように家の前で遊んでいた――。

【未解決事件】少女が一瞬にして消え去った「マリーナ・チルドレス失踪事件」!! 赤い車、母の証言、15年後の驚愕展開… 交錯する謎!の画像1
4歳のマリーナ・チルドレス 「Mysterious Universe」の記事より

■女の子が一瞬にして誘拐される

 マリーナの母親パム(22歳)は家の中にいた。

 午後3時30分、パムは外から車のブレーキ音を聞いたので、確認するために前庭をちらっと見た。するとマリーナの姿は見えず、ケンタッキー州のナンバープレートを付けた赤い車が、速度を上げて走り去った。

 パムは急いで外に出たが、娘の姿はなかった。パムは警察に電話をかけ、娘が誘拐された可能性があると伝えた。話を聞いた警察は、これは単純な誘拐事件で、赤い車は目立つので、すぐに見つけられると考えた。

 警察から質問され、パムは赤い車の運転手を見ていないこと、その日は早くに娘ともう一人の息子ジェリーと一緒に、地元の店に行ったことを話した。そこでマリーナが赤い車に乗った見知らぬ男と外で話していたことを伝えた。

 警察はすぐ、その男を追跡したが、男は事件と何の関係もないことが判明した。警察は手がかりを求めて地域全体を捜索したが、何も発見されず、赤い車も発見されなかった。まるでマリーナは空中に消えたかのようだった。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ