【ガチ】ベルギーに「ニワトリ人間」が存在していた! 完全に鶏化した“チキンレディ”に家族も戦慄!

 自分が犬であること、猫であることを忘れた動物たちがときおり話題になるが、ベルギーには人間であることを忘れ、ニワトリだと激しく思い込んでしまった女性がいた。

■「自分はニワトリ」だと信じた“チキンレディ”

 なんの前触れもなく、「妹(54歳)はクワッ、クワッと鳴き出した」という。家の庭先で、ブルブル震えながら、大汗をかきながら。唇をとがらせ、頬を膨らませ、雄叫びを上げ――。

 つまり、どう見てもガチでニワトリになりきっていたのだ。妹のただならぬ有様に、目撃した兄はすぐさま救急車を呼んだ。

【ガチ】ベルギーに「ニワトリ人間」が存在していた! 完全に鶏化したチキンレディに家族も戦慄!の画像1
「The Guardian」の記事より

 ER搬送後、徐々に正気を取り戻していったその女性だったが、自分のしたことに当惑を隠せなかったという。本人によれば、記憶がところどころ曖昧ではあるものの、「四肢にまったく経験したことのないような感覚」がみなぎるのを感じ、「自分はニワトリ」と確信したというのだ。

 唐突な告白に精神科での検査が行われた。しかし、麻薬やアルコールの乱用は見られず、普段は薬局に勤務する至って安定した成人女性と判定されただけだった。

 この不可解な容態に注目したのが、ベルギーのルーヴァン・カトリッ ク大学の研究チームだ。この“チキンレディ”の観察を始めると、驚きの真実が明らかになったのだ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ