【未解決】豪州最大のミステリー、50年前の「首相神隠し事件」とは!? 中国とCIAに怪しい動き、囁かれる3つの陰謀を解説!

 1967年、オーストラリアは米国に加担しベトナムと戦争中であった。その最中、12月17日にハロルド・ホルト首相は突如、海で跡形もなく姿を消した――。

■失踪

 それは突風の吹く午後だった。ハロルド・ホルト首相を含む5人グループが、オーストラリア、ビクトリア州ポートシー近くのチェビオットビーチを散歩していた。ホルト首相は、元水泳選手で海で泳ぐことを好んだ。

 一行には、首相の友人マージョリー・ガレスピーと彼女の娘バイナー、そしてバイナーの恋人であるマーティン・シンプソン、それにアラン・スチュワートがいた。彼らは後に、その日の波は今まで見たよりも高かったと話している。

【未解決】豪州最大のミステリー、50年前の「首相神隠し事件」とは!? 中国とCIAに怪しい動き、囁かれる3つの陰謀を解説!の画像1
ホルト首相と義理の娘たち 「CNN」の記事より

 まず、水着に着替えたホルト首相が海に飛び込み、アラン・スチュワートが続いて海に入った。しかしスチュワートは、足の周りに巨大な引き波が渦巻いているのを感じ、すぐに立ち止まった。

 一方でホルト氏はためらわずにそのまま、泳ぎ続けた。グループの一人マージョリー・ガレスピーは後に、警察への声明で次のように述べている。

「私はハロルド(ホルト氏)をずっと、見ていました。すると彼の周りの海面が急に、まるで沸騰するように泡立ち、そして彼の姿が見えなくなりました」(マージョリー・ガレスピー)

 そしてその後ホルトは、2度と海から姿を現すことはなかった。

 ホルトが消えたのに気付いた一行は崖を登り、高い位置から彼を探した。しかし何も見つからず、一行はパニックになった。

 スチュワートが助けを求め、数分以内に3人のダイバーが海に飛び込んだ。しかし、強い引き波とそれによって濁った海水に阻まれ、ほとんど視界はゼロだった。ダイバーは岩を登り、警察と捜索救急隊が到着するまで双眼鏡で海面を捜索した。

 1時間以内にヘリコプターが沿岸をホバリングし、安全ロープでつながれたダイバーが、再び渦巻く海に潜って探索した。日が沈むまでに、オーストラリア陸軍、海軍、沿岸警備隊、ビクトリア海軍委員会、航空省などから、200人近くの人員がホルト首相捜索に動員された。

【未解決】豪州最大のミステリー、50年前の「首相神隠し事件」とは!? 中国とCIAに怪しい動き、囁かれる3つの陰謀を解説!の画像2
ホルトの遺体を探すダイバー 「CNN」の記事より

 6日間にわたり捜索救助活動が展開されたが、それは全て無駄に終わった。ホルト首相本人はおろか、遺留品すら発見されなかった。2日後ホルト首相は、正式に死亡を宣言された。その後も水死体や人骨など、何の手がかりも出ていない。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ