TVニュース生放送中に「雲に擬態した完全なるUFO」が写り込み、騒ぎに!ツツツーと横切る奇妙な姿…ケムトレイル説も!

 全国ネットのニュース映像に葉巻型UFOが写り込んでいた――。テレビカメラが映し出した快晴の空を雲に擬態したシリンダー型の細長い飛行物体が横切っていたとしてネット上で騒ぎになっている。

 

■先住民居住地域の空に“葉巻型UFO”

“円盤型”や“アダムスキー型”をはじめ、UFOにはさまざまなタイプがあるが、その中でも“葉巻型”は大型であるのが特徴で多くは母船としての役割を担っているのではないかといわれている。

 先日にもその葉巻型UFOが出現している。なんとテレビのニュース番組の映像に写り込んでいたのだ。

「Daily Star」の記事より


 米・NBCで放送されている報道番組「NBC Nightly News」で、アリゾナ州のナバホ族の準自治領「ナバホ・ネーション」を取材したライブ映像の中に、青空を飛行する葉巻型UFOがとらえられていたのだ。

 今回のコロナ禍はこのナバホの人々が住む地域でも猛威を振るっており、取材当日、ナバホの人々は伝統的な楽曲を奏でて疫病終息を祈願したのである。

 テレビカメラは伝統楽器を打ち鳴らす女性の姿にフォーカスしていたのだが、女性の背後の上空の大きな雲から白い葉巻型UFOが姿を現し、そのまま一直線に飛行して隣の雲の中へと入り、そのまま姿を消している。

 この葉巻型UFOにいち早く気づいたのはYouTubeチャンネル「The Hidden Underbelly 2.0」だ。「NBCナイトリーニュース映像で捕らえられた円筒形のUFO」と題した動画を投稿し、視聴者と活発な議論を巻き起こしている。

 まったくの偶然に撮影されたこの物体は、はたして本当に葉巻型UFOなのだろうか。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ