もうすぐ男は絶滅か…「Y染色体」がマジ減少中と判明! 性別決定遺伝子を失った人間に起こる“トンデモない変化”も!

 男性だけが持つ性染色体であるY染色体の劣化が著しいという。このまま推移すれば、Y染色体の消滅も考えられるというのだ。これは男性の絶滅を意味しているのだろうか。


■人間のオスは絶滅してしまうのか?

 人間の細胞には対になった23組の染色体のペアがあるのだが、その内の1組が性染色体のペアだ。性染色体の組み合わせがXXなら女性に、XYなら男性になる。XXの組み合わせでは胎児の時点で卵巣が生成され、XYの組み合わせで精巣が発達してくるのである。

 X染色体には1000もの遺伝子が含まれているが、Y染色体にはなんと45しかないという。かつてはY染色体も豊富に遺伝子が含まれていたということだが、どうやら徐々に減ってきた揚げ句の結果であることが各種の研究で報告されている。さらにこの先も遺伝子が減り続ければY染色体はなくなってしまうのだろうか。

 残りわずかになってしまったY染色体の遺伝子だが、その中には胚の性別をオスにするスイッチとして機能するSRY遺伝子がある。このSRY遺伝子がある限りY染色体は“威厳”を保っていられるともいえるのだが、このまま減少が続けばSRY遺伝子も失ってしまうかもしれない。

もうすぐ男は絶滅か…「Y染色体」がマジ減少中と判明! 性別決定遺伝子を失った人間に起こるトンデモない変化も!の画像1
「The Sun」の記事より

 将来の人類には男性がいなくなってしまうのかと不吉な思いにもなる話題だが、どうやら心配は無用のようだ。

 米アリゾナ州立大学の進化生物学者であるメリッサ・ウィルソン氏は、「私たちの性染色体は必ずしもXとYであるとは限りません」と語る。

「男性性または女性性を決定するものは特にそれら(性染色体)にリンクされていません」(メリッサ・ウィルソン氏)

 ウィルソン氏によれば最初の哺乳類が1億から2億年前に進化したとき、特に性染色体と分類できるものはなかったということだ。XとYは他の染色体のペアとまったく同じであり、対応する構造とサイズが同じであったという。

もうすぐ男は絶滅か…「Y染色体」がマジ減少中と判明! 性別決定遺伝子を失った人間に起こる“トンデモない変化”も!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで