超異色、元大相撲力士ラッパー「ごっちゃんこ」に突撃取材!「世界中の路上で相撲文化を伝えたい」本日開催のイベント情報も!

関連キーワード:

,

,

,

 ★本日ごっちゃんこのイベント開催予定@高円寺! 詳細はコチラ

超異色、元大相撲力士ラッパー「ごっちゃんこ」に突撃取材!「世界中の路上で相撲文化を伝えたい」本日開催のイベント情報も!の画像1

 相撲のまわしをつけて路上パフォーマンスを続ける元・力士「ごっちゃんこさん」(27)が東京にやって来た。彼は、まわしをパーカッションにしてラップや持ち歌を披露する。

ヘルニア、ア〜〜〜
ヘルニア、ア〜、ア〜、ア〜〜〜
I am ヘルニスト、ヘルニスト、ヘルニスト
僕はヘルニア 腰が痛い
足しびれる
相撲できない
なんでなの〜〜
大学生活
相撲の推薦で入った大学、相撲できない ヘルニアのせい
なんでなの
ヘルニア、ア〜〜〜 、ア〜〜〜 、ア〜〜〜 、ア〜〜〜
ヘルニア

 普段、「ごっちゃんこさん」は、京都に住んでいる。そのことから、京都河原町というところでパフォーマンスをやっているが、今回、東京都内で活動しているところを観ることができた。

超異色、元大相撲力士ラッパー「ごっちゃんこ」に突撃取材!「世界中の路上で相撲文化を伝えたい」本日開催のイベント情報も!の画像2

 「ごっちゃんこさん」がラップをぶちかます姿は、ものすごくドゥープだ。寒くても、そんなの関係ない。たまたまそれを見かけた通行人は、その勢いに引き込まれてしまう。立ち止まってスマホで写真や動画を撮る人もいる。

 「自分は相撲が好きなんですよね。角界を引退しましたけど、これが自分の『道』なんです。まわしをしめて、路上に土俵を描いて、そこでラップする。ラップは、自分自身のことを歌っているんですけど、これが今の自分だと思っています。ラップというのは、気持ちを乗せていくことが大切です。気分が乗ってきたときは、即興でも韻を踏むことができます。このようなことをやっているのは角界の人たちも知っています。もうやるしかないですよね!」(ごっちゃんこさん)

 「ごっちゃんこさん」が相撲を始めたのは、幼稚園の年長組だった6歳の頃。近所に元・大関の琴光喜関も通ったという相撲道場があり、そこで学んだ。相撲をやることを勧めたのは父親だ。「相撲か柔道のどっちらかをやるように」と言われて相撲を選んだ。父は、空手や柔道などをやっていた人だった。そのことから下半身を鍛えることの大事さを知っていた。大学に入ってからは、相撲部に入って体を鍛えている。卒業後は、入間川部屋に入門して、東幕下49枚目まで進んだ。しかし、「心身ともに限界を感じ、自分の中で充分にやりきった。もう辞めてもいいだろう」という気持ちになったことから引退した。大相撲を引退したのは、2017年9月のことになる。

超異色、元大相撲力士ラッパー「ごっちゃんこ」に突撃取材!「世界中の路上で相撲文化を伝えたい」本日開催のイベント情報も!の画像3

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ