ビンラディンはポルノに暗号を隠してテロを指示!? 米軍が押収した「ビンラディンのハードディスク」の謎

 ウサマ・ビンラディンが生前に使っていたパソコンのハードディスクには何が保存されていたのか。そこにはなんと無数のポルノコンテンツが蓄えられていたというのだ。

■ポルノコンテンツは暗号化されたメッセージなのか

 9.11同時多発テロの首謀者として2011年5月2日に パキスタン・アボッターバードで米海軍特殊部隊「ネイビーシールズ」によって殺害された国際テロ組織「アルカイダ」のウサマ・ビンラディンだが、その遺品の数々は米軍が押収し現在も分析が続けられている。

 押収された物品の中でもパソコンやUSBメモリ、DVDディスクなどはその内容を念入りに検分し、中にはポルノ映像・画像がかなり多く保存されていたことがこれまでにも報じられている。それらのポルノコンテンツをどこから入手したのか、具体的にどのような内容のものがあるのかについて、捜査当局は詳細を明らかにはしていない。ビンラディンが収集したものであるかどうかについてもノーコメントを貫いている。

ビンラディンはポルノに暗号を隠してテロを指示!? 米軍が押収した「ビンラディンのハードディスク」の謎の画像1
「The Sun」の記事より

 ちなみにイスラム教ではポルノの所持や観賞は厳に戒められている。宗教指導者でもあったビンラディンがポルノを所持していたというのはかなり都合の悪いことである。

 ビンラディン本人は情報漏洩を極度に懸念しインターネットを使っていなかったといわれている。配下や実行部隊との連絡では、USBメモリを人手を使って運ばせていたという。インターネットにつないでいない以上、ポルノコンテンツもこうしたやりとりの過程で入手しハードディスクに保存されたものであると考えるのが自然であろう。

 ハードディスクにはポルノコンテンツのほかにも、自分やアルカイダに関連するニュース映像やドキュメンタリー番組などが数百も収められていたという。その中にはビンラディンのスピーチ映像もあった。

「CNN」のセキュリティ分析官であるピーター・バーゲン氏は、西側の人間として初めてビンラディンにインタビューしたのだが、この時の映像もハードディスクに残されていた。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ