「史上最も恐ろしいホラー映画トップ10」が“心拍数”で判明!エクソシストやソウ…専門家が発表!

関連キーワード:

,

,

7位:アス(2019年米国) 平均心拍数100BPM

 7位の『アス』は、自分とそっくりなドッペルゲンガーに襲われるパニックホラー。ごく幸せな一家の前に現れた、全く同じ顔をした人々。なぜ彼らは襲ってくるのか、そしてその正体は何者なのか? スリリングなストーリーはもちろん、各所に散りばめられたメタファーをいかに読み解くかも話題になった。

6位:ディセント(2005年英国) 平均心拍数103BPM

 洞窟に閉じ込められた6人の女性を襲う恐怖を描いた『ディセント』が6位にランクイン。洞窟探検で休暇を楽しむはずが、崩落事故で内部に閉じ込められてしまった6人。何とか脱出しようと奮闘するも、暗闇の奥から不気味な化け物が襲ってくる。案の定壊れる6人の友情、ヒロインのトラウマ、そして物議を呼ぶラストシーンと、ホラー映画的な見どころ満載だ。

5位:クワイエット・プレイス(2018年米国) 平均心拍数106BPM

「音を立てたら、即死。」のキャッチコピーが鮮烈な、音に反応して襲ってくる怪物が跋扈する世界で、音を立てずに生き延びようとする一家を描いたヒット作。会話のほとんどが手話、ほんの少しの生活音が死に直結するというスリリングで斬新な設定は話題を呼び、続編も制作された。

4位:インシディアス(2009年米国) 平均心拍数108BPM

 4位は古い屋敷に引っ越してきた家族が怪奇現象に襲われる王道ホラー映画。『ソウ』シリーズのジェームズ・ワン監督と、『パラノーマル・アクティビティ』シリーズのオーレン・ペリ監督が手を組んだことでも話題になった一作。サスペンスホラーとしても評価が高く、続編の『インシディアス 第2章』と共に楽しみたい一作。

「史上最も恐ろしいホラー映画トップ10」が“心拍数”で判明!エクソシストやソウ…専門家が発表!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル