髑髏、頭蓋骨、スカル!!! 尼崎の『シャレコーベミュージアム』に村田らむが潜入!本物の頭蓋杯も…



 ネパールの頭蓋骨で作られた頭蓋杯、チベットの金属で装飾された頭蓋骨、彫刻されたチベットの僧侶の頭蓋骨、なども展示されている。メタル装飾されたスカルは、スター・ウォーズのC3POみたいだ。初代館長が、収集をはじめたキッカケになったスカルらしい。さすが、良いセンスしている。

 インディー・ジョーンズの4作目のテーマになった『クリスタル・スカル』も展示されていた。ズラーッとダースで並べてあるので、価値が暴落してしまう。

 マンモスの牙や、カバの歯で作ったお土産用のスカルの彫刻もいくつかあった。サンディエゴ製の象牙のスカルには、カエルと蛇がビッチリと取り付いている。

 中世ヨーロッパの墓には、亡くなった人が骨になったり、カエルやヘビにたかられている(食べられている)墓標「トランジ」が建てられているのを見る。

 日本で言えば、屋外の死体がくちていく様子を海外にした九相図に近い。こういうのは本当に昔から好きである。

 死をモチーフにした作品っていいよな〜。興奮するよな〜。

 ……などつらつら考えながらも、しっかりとクイズに答えて、1階に降りて受付のお兄さんに手渡した。

「おお、全問正解です!! 実は珍しいんですよ。だいたい皆さん1問くらい間違われる!!」

 とほめられ、表彰状をいただくことができた。少し話をすると、去年初代館長が急逝されてしまったのだそうだ。閉館することも視野に入れたそうだが、娘さんの頑張りで延命することになったという。

「でもいつ終わるかわかりませんね」

 と寂しいことを言われた。

 少しでも続いてほしいな〜と思い、シャレコーベミュージアム特製のマグカップを買って帰った。

 みんなも日曜日には、尼崎に行こうぜ!!

文・写真=村田らむ

村田らむ

ライター、漫画家、カメラマン、イラストレーター
1972年生まれ。キャリアは20年超。ホームレスやゴミ屋敷、新興宗教組織、富士の樹海などへの潜入取材を得意としている。著書に『ホームレス大博覧会』(鹿砦社)、『ホームレス大図鑑』(竹書房)、『樹海考』(晶文社)、『ホームレス消滅』(幻冬舎新書)など。

 

村田らむの記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

髑髏、頭蓋骨、スカル!!! 尼崎の『シャレコーベミュージアム』に村田らむが潜入!本物の頭蓋杯も…のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル