【画像アリ】エイリアンが「焼きたてのパンケーキ」を持って自宅訪問! 軍が分析、数日後に異変も!

【画像アリ】エイリアンが「焼きたてのパンケーキ」を持って自宅訪問! 軍が分析、数日後に異変も!の画像1
イメージ画像:「Getty Images」

 訪問先が重要である場合、あるいはいろんな意味で面会がシリアスなものになる場合、手ぶらで訪れるのも忍びなくちょっとした菓子折りなどを持参して行くケースは多いが、この広い宇宙には実に律儀なエイリアンがいるのかもしれない。かつて贈答品を持参して養鶏牧場を訪れたエイリアンがいたのである。その菓子折りの中身は“パンケーキ”だったというのだが――。

■出来立ての“パンケーキ”をくれたエイリアン

 言わば我々の想像を超えた存在であるだけに、UFOとエイリアンの行動にいったいどんな意味があるのかはりかねるケースは少なくない。米ウィスコンシン州の養鶏牧場を訪れたエイリアンは、訪問先に手渡すパンケーキの準備をしてやって来たというから興味深い。

 1961年4月18日の朝、米・ウィスコンシン州イーグルリバーの農村でその奇妙なUFO遭遇事件は起きた。

 60歳の養鶏業者であるジョー・シモントン氏は、仕事をはじめる前の朝食のひと時を楽しんでいたのだが、屋敷の裏の方から聞こえてくる騒音に気分を害された。

 いったい何事かと音のするほうへと向かうと、驚いたことに高さ3.5メートル、直径9メートルほどの銀色に輝く円盤型UFOが牧場に停まっていたのである。機体の側面には「排気管」のようなものが突き出ていたという。

 腰を抜かすほど驚いたシモントン氏だったが、話はこれで終わらなかった。UFOの底にあるハッチが開き、身長150センチほどの3人の小さな浅黒い肌の男性が出てきたのだ。男性は2ピースの黒いスーツとタートルネックのシャツを着て、ヘルメットのようなものを頭にかぶせていた。

 彼らは炎が出ないガスグリルのような装置を取り出し、何かを調理していたという。次々と出来上がっているのは“パンケーキ”のようなもので、1個の直径は8センチほどで平たく、気泡でできた穴がたくさん開いていた。そしてこれら“できたてのパンケーキ”をシモントン氏に手渡したのだった。

 その後、彼らはシモントン氏に敬礼し、UFOに戻り機体はすぐさま飛び去っていったという。シモントン氏はこのエイリアンから貰った“パンケーキ”の山を両手で持ってしばらく立ち尽くしていた。

【画像アリ】エイリアンが「焼きたてのパンケーキ」を持って自宅訪問! 軍が分析、数日後に異変も!の画像2
シモントン氏と“パンケーキ” 「Mysterious Universe」の記事より

「(パンケーキの)1つを噛んでみたのですが、段ボールのようでした。それが彼らの主食であるとすれば、彼らが小さかったのも不思議ではありません。……彼らが去ったとき、私は脂っこいパンケーキの山を持って農道に立っていました。そして私は今いったい何が起こったのか疑問に思いました」(シモントン氏)

【画像アリ】エイリアンが「焼きたてのパンケーキ」を持って自宅訪問! 軍が分析、数日後に異変も!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで