JRA有馬記念(G1)の一獲千金、狙うならココ! 極秘内部情報まさかの流出、出元は信頼できる筋「ファンが狂喜乱舞の緊急事態!」

JRA有馬記念(G1)の一獲千金、狙うならココ! 極秘内部情報まさかの流出、出元は信頼できる筋「ファンが狂喜乱舞の緊急事態!」の画像1
豪華が揃った有馬記念は一獲千金のチャンス!

 2020年も残りわずかとなり、今週12月27日の日曜日はファン投票のグランプリ、有馬記念が開催される。日本中から1000万人が参加し、たった1レースで500億円近い馬券が販売され、多くの勝ち組と負け組が生まれる一獲千金レース。たとえ競馬に興味がなくても、宝くじ感覚で馬券を購入するのももちろんアリ。過去にはビギナーズラックで万馬券を的中させた初心者もいるのだ。そう、今年その万馬券を手にするのは、あなたかもしれない。

■競馬予想はマスコミではなく本物のプロに任せよう

 とはいえ、競馬に関してディープインパクトや武豊の名は聞いたことがあっても、新聞の見方もどんな馬券を買えばいいかもわからない人が多いだろう。そんなビギナーにオススメなのが、スポーツ紙や競馬専門紙を使うのではなく、プロの競馬関係者の情報を活用する方法だ。この二者の大きな違いについて説明しよう。

 まず、スポーツ紙や競馬専門紙の競馬記者は、現在コロナウイルスの感染防止対策で取材規制を受けており、十分な体制と時間がない。結果として紙面に掲載される情報は、どこの新聞社も同じようなものであり、出走全馬を深く掘り下げることができない。対してプロの競馬関係者は、JRAの取材規制の対象外であり、独自の人脈や情報ルートを活用してありとあらゆる情報を広く深く入手することができる。まず情報力の差、これは歴然だ。

 次に、分析力も天と地ほどの差がある。競走馬の世話もしたことがないマスコミと、実際に騎手や調教師や厩務員として競馬に携わってきた関係者のどちらが、より競馬を理解し、レースや各馬の状態を把握できるか、これは比較するまでもないだろう。

 以上の理由から、プロの競馬関係者が提供する情報や予想に絶大な価値があることは明白だ。そんなプロの競馬関係者において、もっともファンや競馬関係者から評価されているのが、競馬情報のレジェンドが集結した「シンクタンク」だ。

 このシンクタンクには騎手時代に有馬記念を2度制した元JRA騎手の増沢末夫を筆頭に、元JRA調教師や元JRA騎手が数多く在籍。実際に有馬記念を勝利した元JRA騎手がいるのだから、これほど心強いことはない。そして驚くことに、シンクタンクは今週行われる有馬記念について「無料公開」を特別に実施するという。彼らは有馬記念の何を知り、そして何を提供するのか、その詳細について聞いてみた。

JRA有馬記念(G1)の一獲千金、狙うならココ! 極秘内部情報まさかの流出、出元は信頼できる筋「ファンが狂喜乱舞の緊急事態!」の画像2
競馬界のレジェンド増沢末夫元JRA騎手・調教師

■有馬記念の極秘内部情報、流出!

「今年はアーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクトの3冠馬3頭が不在ですが、秋の天皇賞でアーモンドアイに肉薄したフィエールマンとクロノジェネシスが参戦し、ここが引退レースとなるラッキーライラック、去年3着のワールドプレミア、2018年の有馬記念優勝馬ブラストワンピース、キセキなど、グランプリの名にふさわしいメンバーが揃ったと言えるでしょう。

 何と言っても有馬記念は競馬界のみならずスポーツ界、いや社会の一大イベントであり、暮れの風物詩。普段、競馬に興味がない方々も馬券を購入し、去年も1レースで468億円を売上げたとなれば、国民的行事と言っても過言ではありません。そうなると世の中に出る情報の数も莫大になります。

 しかしその中身と言えば、当たり障りのない各陣営の建前コメントや、芸能人や有名人の予想、時事にあわせたオカルト予想、出どころ不明の怪情報など何でもあり。こうした状況になるのは、大きな稼ぎどころとなる一般マスコミが『とにかく売れれば何でも良い』の姿勢で情報を垂れ流すからに他なりません。

 今や全盛のSNSも同様、根拠や裏付けのない注目を浴びるためだけの軽薄な情報が溢れ返ることになるでしょう。こうした情報を参考にして馬券を買っていては、ただの運任せに等しいと言えます。

 我々シンクタンクがお伝えする情報は、競馬で勝つための『本物の関係者情報』であり、そういったものとは別物だと断言します。事実、去年の有馬記念を勝ったのは、マスコミや世間がこぞって推し単勝1.5倍と圧倒的1番人気ながら9着に大敗したアーモンドアイではありませんでした。そのアーモンドアイに関しては現場より“不安情報”を極秘に入手し、本命リスグラシュー、対抗サートゥルナーリアを指名し、その2頭で決着。大本線1点目の的中となり、3連単5万7860円、3連複1万750円の万馬券ダブル的中も達成したのです。

JRA有馬記念(G1)の一獲千金、狙うならココ! 極秘内部情報まさかの流出、出元は信頼できる筋「ファンが狂喜乱舞の緊急事態!」の画像3
波乱となった昨年の有馬記念も見事的中!

 世間の大半がアーモンドアイの失速を呆然と眺める中、我々の情報を利用された皆様と喜びを分かち合うことができたのも、確かな関係者情報と一般公開できないアーモンドアイの不安情報を入手していたからに他なりません。

 情報力の差が顕著に出る有馬記念がシンクタンクにとって絶好のドル箱であることは、最近10年で7勝、2018年に3連単2万5340的中、2011年にも3連単7万8260円的中など、数々の特大万馬券的中を仕留めてきたように結果で証明しています。

 今年の有馬記念で的中のポイントとなるのは、各馬の状態や適性はもちろん、この秋G1レースで好成績をあげているノーザンファームの思惑。そして賞金3億万円を狙う馬主の思惑を把握すること。しかし、マスコミや一般人がこれらの裏事情を把握することはまず不可能。だからこそ、我々シンクタンクの情報に絶大な価値があるのです。

 そして今年の有馬記念は、本物の関係者情報があれば競馬で勝ち、もっと楽しめるということを多くの方々に知ってもらうため、特別に「特選5頭」を無料公開することになりました。有馬記念の馬券を買うのであれば、ぜひともチェックしていただきたいと思います。そして本物の情報とは何か、ぜひこの機会に知っていただければと思います」(シンクタンク担当者)

 以上のようにシンクタンクは今年の有馬記念に向けて並々ならぬ自信を見せているが、その自信の礎となるのが業界最強の情報力だ。前述したように、シンクタンクには競馬界のレジェンドと誰もが認める大物が多く所属している。これほどの人脈があれば、昨年の有馬記念でアーモンドアイの不安情報を掴んで5万馬券を的中させたのも必然だったと言えそうだ。そして今年も、彼らは有馬記念的中のポイントとなるノーザンファームや馬主の内部事情を把握しており、有馬記念的中に向けて「一点の曇りもなし」といえる状況なのだ。

 シンクタンクはこの秋競馬で40本以上の万馬券を的中し、さらに有馬記念の前哨戦と言える天皇賞(秋)やジャパンカップも難なく的中させている。そんな彼らが的中に自信を見せる有馬記念で、彼らがどんな結論を導くのか、誰もが興味を持つはず。そして幸運なことに、今年の有馬記念でシンクタンクは、一般向けの【無料情報公開】を実施する。これこそ天からの恵み。誰もが悩むことなく、予想に費用や時間をかけることなく、至高ともいえる有馬記念の関係者情報を手に入れることができるのだ。

 もはや予想に悩む必要はない。新時代の競馬投資は、プロの結論を活用すればいい。2020年を締めくくる世紀の一戦は、誰もが一獲千金のチャンスなのである。

CLICK → 【無料公開! 有馬記念、勝負の「厳選5頭」】シンクタンク

※=本稿はPR記事です。

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

JRA有馬記念(G1)の一獲千金、狙うならココ! 極秘内部情報まさかの流出、出元は信頼できる筋「ファンが狂喜乱舞の緊急事態!」のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル