都市封鎖で幽体離脱が遂にメジャーに! 現代社会のストレスや緊張から真に解き放つための次なるツールとして主流になるか?

関連キーワード:

,

 今年は新型コロナウイルスの流行で世界的に都市封鎖が行われ、未知の感染症への不安と慣れない生活の中で精神的にまいってしまった人も多いという。そんな中、SNSなどを中心に幽体離脱(アストラル投射)への注目が集まった。なんと、幽体離脱には不安を和らげ、憂鬱な気分を抑える効果があるというのである。ウェブマガジン「i-D」(12月18日付)が取り上げた。

Astral Projection is going mainstream in lockdown (i-D)

都市封鎖で幽体離脱が遂にメジャーに!  アストラル・コロナ療法がついに誕生!の画像1
画像は「Getty Images」より引用

 幽体離脱とは、霊魂(アストラル体)の状態で自らの肉体を離れ、あちこちを旅するスピリチュアルな体験を指す。地球上はもちろんのこと、宇宙などどこにでも行くことができるとされている。加えて、幽体離脱には幸福感を増し、不安を軽減し、うつ病などの症状を和らげる効能があるといわれている。不要不急の外出が制限される今、その魅力はさらに増しているといえよう。TikTokなどのSNSでは幽体離脱のやり方を紹介する動画などがバズっており、コーチが幽体離脱を教えてくれるオンライン講座も高額ながら人気を集めている。

 英ロンドン在住のデジタルマーケティングの専門家であるアリスさん(30歳)も、都市封鎖中に幽体離脱の魅力に目覚めた1人だ。アリスさんも幽体離脱はポジティブな体験であると感じたが、一方で、SNSで言われているような簡単なものでもないと気付いた。幽体離脱を学ぶには忍耐とコミットメントが必要で、継続的に実践が必要なプロセスだとアリスさんは語る。

都市封鎖で幽体離脱が遂にメジャーに!  アストラル・コロナ療法がついに誕生!の画像2
画像は「i-D」より引用

 残念ながら幽体離脱の本当のところは科学的には証明されていないのものの、再現性という意味では脳刺激やVRなどを使った科学的研究が進んでいる分野ではある。しかし、その心理学的効果については明晰夢に似たものではないかとも推測されている。自分でその内容をコントロールできる明晰夢の心理的効果は科学的にも検証が行われており、ストレスの解消などにある程度有効ではないかと考えられているのだ。

 一方で、幽体離脱中にスパイ行為をしたロシアの研究や、幽体離脱中に得た情報が実際に当たっていた話なども枚挙にいとまがなく、単なる夢ではない可能性も大いにある。

 幽体離脱はうまく利用すれば、マインドフルネスや瞑想と同じく、自分の意識と向き合い、抱えている問題について別の視点を与えてくれる経験の一つである。幽体離脱がメジャーになっているのは、マインドフルネスや瞑想の地味さ、退屈さが知れ渡り、その次の選択肢となっているからという指摘もある。エンターテインメント性から注目されている幽体離脱だが、現代社会のストレスや緊張から真に解き放つための次なるツールとして主流になるのか、今後も追っていきたい。

参考:「i-D」ほか

編集部

地震予知、不思議科学、UFO、オカルト、世界遺産など知的好奇心を刺激するニュースを配信
Twitter:@DailyTocana
Instagram:tocanagram
Facebook:tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

都市封鎖で幽体離脱が遂にメジャーに! 現代社会のストレスや緊張から真に解き放つための次なるツールとして主流になるか?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル