UFOが報道規制対象に!? 2021年バイデン政権下での「UFO情報・暗黒問題」を徹底解説!

画像は「Daily Grail」より


 混迷を極める米大統領選だが、UFOファンからしてみれば、トランプでもバイデンでもどちらでも構わない。重要なのは、どちらであれ選出された大統領がUFOの真実を公開してくれるかどうかである。

 これまでトランプ大統領は、何度かUFOについて口にしてきたものの、UFO現象を軽視する発言が目立つ。ビジネスマンである彼に宇宙大のロマンは分からないようだ。とはいえ、ペンタゴンのUFO認定についての功績は認められている。

 では、バイデンはどうか? 2016年の大統領選ではヒラリーがUFO情報の開示を公約に掲げたのとは真逆に、バイデンはUFOについて一切口にしていない。UFO情報の開示を叫んだヒラリーが落選したことがその一因と考えられる。

 さて、では大統領になった後にバイデンはUFO情報の開示に動くだろうか? 米オルタナティブニュースメディアが考察している。

 2017年、UFOをめぐる風向きが明らかに変わった。ニミッツUFO映像を流出したトム・デロング率いるTo The Stars Academy of Arts and Science(TTSA)の登場と、米国防総省のUFO研究プログラムの存在を暴露した米紙「ニューヨーク・タイムズ」のスクープである。これらにより嘲笑の的だったUFO現象について公然と話せる世論が形成された。

UFOが報道規制対象に!? 2021年バイデン政権下での「UFO情報・暗黒問題」を徹底解説!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで