【台湾最大の未解決事件】エレベーターから忽然と消えた親子 ー 母親は防犯カメラに不気味な笑みを浮かべ……

関連キーワード:

 台湾で、年明け間もないこの季節になると毎年ネット上で語られ始める怪奇な事件がある。

 2008年1月20日、集合住宅のエレベーターの防犯カメラに映ったのを最後に、母子が忽然と姿を消した失踪事件だ。

 事件の詳細を紹介しよう。この日の午後8時頃、台湾中西部の彰化市(しょうかし)に暮らす37歳の女性が、自宅で夫と言い争いをした後、4歳の娘を連れ自宅を飛び出した。その後、自宅付近にある集合住宅地にやってくると、親子はエレベーターで11階に向かったことが監視カメラの映像から判明している。親子はエレベーターに乗る直前、マンションの管理人に対し「11階に住む友人を訪ねる」と話していたというが、後の警察の捜査によると、このマンションには女性の友人などは存在していなかったことが分かっている。

文=廣瀬大介

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

【台湾最大の未解決事件】エレベーターから忽然と消えた親子 ー 母親は防犯カメラに不気味な笑みを浮かべ……のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル