世界最古のピラミッドが南極にあった! “失われた文明”によるお手本「マスターピラミッド」か、宇宙人の発電機か、専門家も議論紛糾!

 地球上で最も古いピラミッドは南極に存在する――。そんな噂が古代文明研究家の間で盛り上がっている。英「Express」(1月13日付)が報じた。

Antarctica pyramids claim: ‘Oldest pyramid on Earth’ is hidden on icy continent (Express)

世界最古のピラミッドが南極にあった! 失われた文明によるお手本「マスターピラミッド」か、宇宙人の発電機か、専門家も議論紛糾!の画像1
画像は「Express」より引用

 ピラミッドといえばエジプトであるが、同国最古のピラミッドは紀元前27世紀に作られた「ジェセル王のピラミッド」とされる。だが、南極大陸にはそれよりもっと古いピラミッドが存在し、しかもかつて地球上に栄えた「失われた文明」の痕跡であるというのだから驚きだ。

 そのピラミッドはシャックルトン山脈付近に存在するもので、非常に美しい四角錐の形をしている。その姿は確かにギザの大ピラミッドを思い起こさせる形状をしており、とても自然に生み出されたものとは思えない。このピラミッドについて、エイリアンの古代文明を研究するデイビド・チルドレス氏は、ヒストリーチャンネルの人気番組「古代の宇宙人」(シーズン11のエピソード1)に出演し、次のように語っている。

「南極にあるこの巨大なピラミッドが人工的な構造物であるとしたら、それはおそらく地球上で最も古いピラミッドであり、他のピラミッドを作るときにモデルとなったマスターピラミッドである可能性があります」(チルドレス氏)

 チルドレス氏以外にもこの仮説を支持する者は少なくなく、世界のあちこちにピラミッドの痕跡があるといい、南極にエイリアンによって作られた古代文明が存在していた可能性を真面目に検討するべきであると主張している。

世界最古のピラミッドが南極にあった! “失われた文明”によるお手本「マスターピラミッド」か、宇宙人の発電機か、専門家も議論紛糾!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル