宇宙人「トールホワイト」と交流した米軍人が激白!! 純白の肌、プラチナの髪、ナチスと協力… “公式認定UFO”は彼らの宇宙船だった!

■“チクタク型UFO”はトールホワイトの宇宙船

 トールホワイトの寿命は600~800年で、人間の聴覚では聞こえない音域でコミュニケーションをとることができるという。つまり、人間にもかろうじて聞こえる部分はマキバドリの鳴き声のようであることになる。そして彼らが地球に最初に訪れたのは、紀元前5000年であるということだ。

 彼らは地球人と接触することに関して極めて用心深いのだが、トールホワイトは米軍と協力体制を築いているという。そしてここインディアンスプリングスに、米軍によって提供されたトールホワイトの宇宙船の離発着基地があるのだ。

宇宙人「トールホワイト」と交流した米軍人が激白!! 純白の肌、プラチナの髪、ナチスと協力… 公式認定UFOは彼らの宇宙船だった!の画像3
「Humans Are Free」の記事より

 この宇宙船基地と引き換えに、彼らはいくつかの技術を米軍に提供したという。さらに、地球に似た環境の居住可能な太陽系外惑星を複数提示し、自由に使うように提言したという。

 ちなみに、トールホワイトは深宇宙探索の拠点として地球に基地を持ちたかったのであり、地球を侵略したり搾取したりする意図は持っていないという。トールホワイトにとって地球はやや寒く居住にも適していないということだ。

 ホール氏によれば、トールホワイトの乗る宇宙船、つまりUFOはペンタゴンからリークされた「本物のUFO動画」に映っている“チクタク型UFO”と同じものである。「本物のUFO動画」が撮影されたのは2004年と2015年だが、それよりもはるか前から“チクタク型UFO”は地球の空に出没していたことになる。つまり、紀元前5000年の昔からUFOは存在していたということになるのだ。

 そして2014年にエドワード・スノーデンが漏洩した文書に「トールホワイト」に言及したものがあり、それはホール氏の話とある程度一致している。

「ロシアに亡命したスノーデンは、地球外の“トールホワイト”の種族が地球に到着したという文書をリークし、それによれば彼らは1930年代にナチスドイツが高度な潜水艦の艦隊を建設するのを助け、1954年にドワイト・アイゼンハワー大統領と会いました。これにより現在アメリカを支配している“秘密体制”が確立された」(「フォーブス」誌より)

宇宙人「トールホワイト」と交流した米軍人が激白!! 純白の肌、プラチナの髪、ナチスと協力… 公式認定UFOは彼らの宇宙船だった!の画像4
「Humans Are Free」の記事より

 1967年以来、ホール氏はトールホワイトと接触したことはないのだが、おそらく彼らはまだ地球を訪れているという。もちろんホール氏も彼らとの交流をいつでも望んでいるということだ。

 はたしてホール氏がトールホワイトと再会できる日は来るのか。そしてその時、どのようなメッセージがトールホワイトから人類へ届けられるのだろうか。


参考:「Humans Are Free」、ほか

文=仲田しんじ

仲田しんじの記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

『クレイジージャーニー』出演ケロッピー前田、世界のカウンターカルチャーを追い続ける男の謎に迫る!

『クレイジージャーニー』出演ケロッピー前田、世界のカウンターカルチャーを追い続ける男の謎に迫る!

今夜21時からの「クレイジージャーニー」(TBS系列)は放送200回突破記念!少...

2023.01.30 17:00海外の連載
夜泣きにアヘン、溺れた者には「タバコ浣腸」……今では考えられない昔の医療! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

夜泣きにアヘン、溺れた者には「タバコ浣腸」……今では考えられない昔の医療! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2023.01.15 14:00歴史・民俗学
アートの題材となった死体写真…アラーキーからマニアしか知らない写真家まで! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

アートの題材となった死体写真…アラーキーからマニアしか知らない写真家まで! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.12.31 17:00歴史・民俗学
小池百合子が中国利権屋になった理由とは? 中国産太陽光パネルで都民税増税&地価暴落の恐れ=ジェームズ斉藤

小池百合子が中国利権屋になった理由とは? 中国産太陽光パネルで都民税増税&地価暴落の恐れ=ジェームズ斉藤

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.12.21 17:00日本
2023年を人生激変の年にする開運・波動グッズ4選! 願いが叶うクリスタル、財運が向上する八卦鏡、高波動プラチナフォトン

2023年を人生激変の年にする開運・波動グッズ4選! 願いが叶うクリスタル、財運が向上する八卦鏡、高波動プラチナフォトン

 広瀬学氏は、波動・スピリチュアルグッズの通信販売会社オプティマルライフ株式...

2023.01.20 13:00占い・開運

宇宙人「トールホワイト」と交流した米軍人が激白!! 純白の肌、プラチナの髪、ナチスと協力… “公式認定UFO”は彼らの宇宙船だった!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

人気記事ランキング11:35更新

トカナ TOCANA公式チャンネル