世界で相次ぐ“鳥型ヒューマノイド”目撃!! UFO同伴で拉致事件も発生、死体は粉末に… ガチ「鳥人間」の正体とは!?

世界で相次ぐ鳥型ヒューマノイド目撃!! UFO同伴で拉致事件も発生、死体は粉末に… ガチ「鳥人間」の正体とは!?の画像1
イメージ画像:「Getty Images」

 背中に大きな翼を持って宙を舞う“鳥類型ヒューマノイド”が各地で目撃されている。どんな時に、何の目的で、どのようにして彼らは人前に姿を現すのか――。

■“鳥類型ヒューマノイド”の目撃報告

 人の姿をしたエイリアン、いわゆるヒューマノイドの代表格として、頭が大きくて大きなつり上がった目を持つ“グレイ”や、ブロンドヘアの長身の白人“トールホワイト”などが挙げられるが、ほかにもさまざまなタイプのヒューマノイドの目撃が報告されている。その中でも目を引くのが、姿は人間だが背中に大きな翼を持つ“鳥類型ヒューマノイド”である。

 記録に残っている奇妙な“鳥類型ヒューマノイド”の事例は1962年にさかのぼる。「Flying Saucer Review」で発表されたUFO研究者のライオネル・トリガノ氏のレポートの中で鳥類型ヒューマノイドが描写されているのだ。

 レポートによれば1962年11月のある雨の夜、フランス人ビジネスマンがヴァール県の道路で車を走らせていた時のことである。激しい雨で視界不良であったが、前方に奇妙な数人の人影を認めたのである。

「カーブを曲がると、80メートル先の道路の真ん中に数人の人物がいるのが見えました。私は人々を避けるために減速しました。すると突然動き出して2グループに分かれました。サイドウィンドーを開けて顔を出し直接確認しました。その時、鳥の頭と羽を持つ奇妙な獣が、両側から私の車に向かって飛んできたのです。怖くなって私は窓を閉め、くるったように車を加速させました。150メートルほど走って車を停め、振り返って見ると、これらの悪夢のような存在が、羽ばたきながら、空中でホバリングしている明るい紺色の物体に向かって飛んで行くのを見ました」(レポートより)

 この空飛ぶ鳥類型ヒューマノイドは吸い込まれるように空中にホバリングしている“UFO”の中へと入っていったということだ。全員が中に収まったところで、このUFOが猛スピートで飛び去っていったという。これらの鳥類型ヒューマノイドは一体ここで何をしていたというのだろうか。

世界で相次ぐ鳥型ヒューマノイド目撃!! UFO同伴で拉致事件も発生、死体は粉末に… ガチ「鳥人間」の正体とは!?の画像2
「Mysterious Universe」の記事より

■UFOから出てきた小さな鳥類型ヒューマノイド

 コンピュータ科学者でUFO研究家でもあるジャック・ヴァレ氏の著書『Passport to Magonia』(1969年)にも鳥類型ヒューマノイドについての言及がある。

 同著によれば、1966年5月にスペイン・コルドバの農夫、マヌエル・ヘルナンデスは仕事を終えて帰宅の道を歩いている途中、100メートルほど先の空に円盤状の物体が浮いていることに気づいた。

 歩き進み近づいていくと、それは直径約3メートルほどの金属製の円盤のようで明らかに通常の航空機ではなかった。そしてそのUFOの出入口のようなものが開き、背中に鳥の翼を生やし、灰色がかった緑色の肌をした小さなヒューマノイドが中から出てきたのだ。

 この鳥類型ヒューマノイドは飛び立って周囲の空を旋回していたということだ。怖くなったヘルナンデスは急いで家に帰った。その後、ヘルナンデスは家族の何人かを連れて再び現場に戻ったが、その時は何の痕跡も残されてはいなかったという。

世界で相次ぐ鳥型ヒューマノイド目撃!! UFO同伴で拉致事件も発生、死体は粉末に… ガチ「鳥人間」の正体とは!?の画像3
「Mysterious Universe」の記事より

■奇妙な白い部屋に連れ込まれた男児が見たものとは

 UFO研究家のアルバート・S・ロザレス氏によると1960年7月4日にカナダ・ケベック州の西アビティビで、7歳の男児が鳥類型ヒューマノイドにアブダクションされた記録が残っているということだ。

 男児は家族との昼食中に突然、頭の中に声が聞こえてその“指令”通りに納屋へ向かったのだが、その途中で低い空に浮かんでいる赤く輝く球体を目撃し、その次の瞬間に気を失った。

 目が覚めた彼は自分がプリズムのような壁に囲まれた部屋にいることを理解したが、白い台の上で仰向けに寝たまま身体が麻痺していて動かすことができなかった。それでも周囲の様子を知ろうと必死に見回すと、部屋の中には鳥類型ヒューマノイドの姿が見えたのだった。

 その身長は150センチほどで、頭が鳥の頭に似ていて鷲のようなクチバシを持っており、長い腕には3本の爪があった。大きな黄色い目で彼をじっと見つめていたが、しばらくすると別の一体がやってきたということだ。

 身体を動かすことができないまま再び目の前が真っ暗になり、目覚めると男児は納屋の近くの草むらに倒れていたのだった。

世界で相次ぐ“鳥型ヒューマノイド”目撃!! UFO同伴で拉致事件も発生、死体は粉末に… ガチ「鳥人間」の正体とは!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル