ある日急に速読ができるように…「速読こそ人生」を謳う速読歴25年のルサンチマン浅川インタビュー

画像は「Amazon」より引用

【5月20日速読イベント開催! トカナ×ルサンチマン浅川の「最恐! 速読トレーニング講座」詳細はこちら】

 人間の能力開発法の1つとして有名なのが「速読」である。本をパラパラっとめくるだけで一瞬で本が読めるという速読術は、画期的な読書法として昔から注目を集めてきた。だが、速読に対しては「本当に読めるようになるのか?」「内容を理解できるのか?」といった疑問の声も多く、どこかうさん臭いイメージもつきまとっている。

 そんな速読業界で最近刊行された1冊の本が密かに話題になっている。日本一の速読芸人であるルサンチマン浅川が書いた誰でも速読ができるようになる本(平成出版)である。彼こそは日本一の速読芸人だ。芸歴16年、速読歴25年の彼は「速読こそ人生」であると断言する速読マニアでもある。

 今回は彼の自宅でインタビューを行うことにした。そこには彼が蒐集した300冊を超える速読本のコレクションが所狭しと並べられていた。


——すごい量の速読本ですね! これでもまだこの世にあるすべての速読本を集めたわけではないんでしょうか?

浅川:多分、9割ぐらいは集めていると思うんですけど、全部じゃないですね。まだ僕が知らないとんでもない本がある可能性があるんですよ。1980年代後半くらいからちょっとした速読ブームというのが起こったときがあって、そのときにインディーズの速読本がいっぱい出たんです。

 だから、そこでまだ拾えていないのがちょっとあるかな、という。今でも自分が持っていなかった速読本をブックオフとかでたまに見つけたりしますからね、こんな本あったんだ、っていう。それも楽しみの1つですね。

——速読を始めようと思ったきっかけは?

浅川:高校生の頃に『スーパーエリートの受験術』という本をたまたま読んだんです。発売後すぐに絶版になってしまった伝説の受験本と言われている本なんですけど。

 その本では勉強法のことだけじゃなく、記憶術とかいろいろな能力開発のノウハウが紹介されていたんですよ。その中に「速読術を身につけろ!」という項目があって。僕はその本に感動していたので、書いてあることは全部ちゃんとやってみようと思って、その本で勧められていた『決定版!速読トレーニング』という本を買って読んでみたんです。

 その本にも感動して、そこに書かれていた「ジョイント式速読法」のトレーニングを自分でやり始めたんです。そこから速読そのものにも興味を持つようになって、ほかの流派の速読本もちょっとずつ買うようになりました。

——速読のトレーニングって具体的にはどういうことをやっていたんですか?

浅川:ジョイント式速読法では3つの訓練しかないんですよね。目を速く動かす「眼筋トレーニング」と、ページを速くめくる「高速ページめくり」と、文字をまとめて読む「ブロク読み」です。そればっかりずっとやっていましたね。

——1日でどれくらいやっていたんですか?

浅川:ヒマさえあればずっとやっていました。2時間とか、いや、もっとやっていたかもしれないです。授業中でも黒板の枠を目で追って眼筋トレーニングをしたりしていましたから。休み時間にも本のページをひたすら速くめくったりしていたので、友達にもだいぶ怪しまれましたね。

ある日急に速読ができるように…「速読こそ人生」を謳う速読歴25年のルサンチマン浅川インタビューのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル